Google Playギフトカードの買取率が高い買取サイトBEST3と換金する3つの方法を比較

Google Playギフトカード-買取-換金

Google Playギフトカードは、Google Playストアでのコンテンツ購入やAndroidスマートフォン、タブレットのアプリ購入などに利用できる電子ギフト券です。

ただし、Androidのスマホを持っていないと、使う用途が少ないギフト券でもあります。プレゼントや抽選で当たったけど、使いみちがなくて困ることも。

Google Playギフトカードには、いくつか換金する方法があります。

このページでは、グーグルプレイギフトカードを現金化する方法の紹介とそれぞれの方法のメリットとデメリットを解説していきます。高額換金できるギフト券買取サイトと売買サイトも紹介しています。

結論としては、Google Playギフトカードを換金するならギフト券買取サイトが高い買取率、現金化までの時間が短い、換金の手間が少ないという3つの理由で適しています。

おすすめのギフト券買取サイト「買取ボブ」
高い買取率、手数料は無料、24時間営業でいつもで即日中に換金できます
>>買取ボブの公式サイトを確認する

目次

Google Playギフトカードを換金する3つの方法

Google Playギフトカードは、Androidのスマートフォンやタブレットを持っていないと、用途の少ないギフト券です。

Google Playギフトカードやamaozonギフト券、iTunesカードなどの電子ギフト券は、プレゼントや景品として人気があります。

もらったけど使いみちのないギフト券は、換金したほうがお得です。

3つの換金方法のどれでもGoogle Playギフトカードを現金にできます。

それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。用途にあった手段を検討しましょう。

額面が5万円以下のGoogle Playギフトカードの換金なら、専門のギフト券買取サイトが最もお得に換金できます。額面金額が5万円を超えるなら、売買サイトのほうが高く換金できる場合もあります。買取サイトとあわせて検討すると損しません。ただし買取サイトが当日中に換金できるのに対し、売買サイトは、出品から売れるまで数日かかります。急いでいるなら、買取サイトを利用したほうが確実です。

↓↓おすすめのGoogle Playギフトカードの買取サイトのランキングを確認する
(※該当箇所へスクロールします)

Google Playギフトカードの買取に対応しているギフト券買取サイトで即日換金

買取ボブ-amazonギフト券-Google Playギフトカード-iTunesカード-楽天ポイントギフトカード-買取-換金

Gooele Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなどweb上で使用する商品券は、電子ギフト券と呼ばれています。

これらの電子ギフト券の買取を専門に行う業者があります。ギフト券買取サイトと呼ばれ、インターネット上でamazonギフト券を中心に買取を行っています。

ギフト券の買取というと、金券ショップが一般的です。ですが電子ギフト券は、金券ショップで取り扱いしていません。販売と買取のどちらにも対応していません。

↓↓金券ショップでGoogle Playギフトカードを取り扱わない理由とは
(※該当箇所へスクロールします)

ほとんどのギフト券買取サイトは、amazonギフト券の買取にしか対応していません。amazonギフト券は、電子ギフト券で最も人気が高く流通量も多いので、取り扱いしやすいのですね。

関連記事:「amazonギフト券の買取サイト6選!高額に換金できる買取業者を50社以上から厳選!

ですが一部のギフト券買取サイトは、amazonギフト券だけでなくGoogle Playギフトカードの買取にも対応しています。

買取サイトのメリットとデメリット

ギフト券買取サイトは、他のGoogle Playギフトカードを換金する手段と比較していくつかのメリットがあります。

ギフト券買取サイトが便利な3つの理由

  1. 高い換金率で買取している
  2. 簡単な申し込みで手間が少ない
  3. 即日で買取金額が入金される

ギフト券買取サイトは、申し込むだけで簡単に高い買取率でGoogle Playギフトカードを換金できます。申し込んだら当日中に現金化できるスピーディさは、他の換金手段にはない特徴です。

高額換金できる

ギフト券売買サイトやオークションサイトは、出品時に自分でGoogle Playギフトカードの販売価格を決定できます。

ですが、価格を高くすると売れません。ギフト券は、価格だけの勝負になります。他の出品者に合わせて価格を決めないと、売れないか売れるまで時間がかかります。売れ筋のギフト券の相場は、買取サイトの買取率と大差がありません。

ギフト券買取サイトなら、業者によっては手数料が無料です。売買サイトやオークションサイトだと、Google Playギフトカードの額面の数%~約10%の手数料が発生します。

換金額は、5万円以下の額面金額のGoogle Playギフトカードなら買取サイトが高く、5万円より高い額面なら売買サイトが高くなる傾向にあります。オークションサイトは、手数料が高額なのでおすすめできません。

換金までの手間が少ない

ギフト券買取サイトは、簡単な申込みだけでGoogle Playギフトカードを換金できます。

売買サイトやオークションサイトだと、利用者登録、出品作業、購入者とのやり取り、納品など現金化まで複数の工程が必要です。

買取サイトは、初めてでも10分〜30分くらいの簡単な手続きで利用できるので便利です。

申し込めば、当日中に換金できる

ギフト券買取サイトは、Google Playギフト券を当日中に現金化できる強みもあります。

申込み後に待っていると、振込完了のメールが業者から届きます。口座を確認すれば、換金額が入金されています。

時間は、業者の忙しさによります。ですが、数分~数時間、遅くても当日中には入金を確認できます。

↓↓Google Playギフトカードの換金率が高いギフト券買取サイトBEST3へ進む
(※該当箇所へスクロールします)

買取サイトの2つのデメリット

メリットが多い買取サイトですが、デメリットもあります。

買取サイトのデメリット

  1. 悪質な詐欺サイトの存在
  2. 当日だが即時換金ではない

1.悪質な詐欺サイトの存在
しっかりと買取サイトを選ばないと、悪質な業者を選んでしまう危険があります。詐欺業者に申し込んでしまうと、ギフト券を送ったけど振り込まれなくて音信不通になったり、聞いていた金額より低い金額しか振り込まれなかったりといったことが起こります。

ですが、必要以上に警戒する必要はありません。優良な買取サイトもたくさんあります。取り締まりが厳しくなり、悪質な業者はどんどん数を減らしています。業者を検討する場合でも、公式サイトでいくつかのポイントを確認すれば簡単に安全なのか判断できます。

優良な買取サイトの3つのチェックポイント

  • 法人企業が運営している
  • 古物商の営業許可を取得している
  • 正確な所在地の住所を表記している

買取業者の公式サイトにある、運営会社の情報を確認してください。上記の3点を満たしている買取サイトは、健全なギフト券買取サイトです。もし1つでも条件を満たしていなくて、明らかに他の業者より買取率が高ければ危険です。高額な手数料を請求されてしまったりします。

関連記事:「amazonギフト券の買取は危険?安心して利用できる安全な業者の選び方と注意点を徹底解説!

このページのランキング上位で紹介している買取サイトは、全て条件を満たしています。私も利用していますが、買取率は高く、振込までの時間も早いです。業者選びに迷ったら、利用を検討して間違いありません。

>>最新のGoogle Playギフトカードの買取サイトのランキングを確認する

2.当日だが即時換金ではない
ギフト券買取サイトは、申込みしてから数十分から数時間で口座へ換金額が振り込まれます。ですが金券ショップなら、店舗にGoogle Playギフトカードを持ち込んで手続きすれば、すぐに現金と交換できます。当日中に換金できますが、金券ショップのように即時ではありません。

ですが、Google Playギフトカードの買取に対応している金券ショップは皆無です。おそらく東京都内を中心に全国で十数店舗でしか取り扱いをしていません。金券ショップは、直接訪問する手間と交通費もかかります。買取サイトなら、web上の申込みだけでGoogle Playギフトカードを換金できます。金券ショップと違い訪問する必要はありません。24時間営業の買取サイトなら、いつでも自宅にいながら手軽に換金できます。

ギフト券売買サイトに出品して換金

アマテン(amaten)-ギフト券売買サイト-top

Google Playギフトカードなど多くの種類の電子ギフト券の売買ができる、ギフト券売買サイトというweb上のサービスがあります。

ギフト券売買サイトは、ギフト券を安く買いたい希望者と高く売りたい出品者をマッチングさせています。

フリマサイトのメルカリやラクマのギフト券版というイメージです。(メルカリやラクマなどの一般的なフリマサイトは、電子ギフト券の売買を全面的に禁止しています)

売買サイトのメリットとデメリット

ギフト券売買サイトの特徴
メリット
出品価格を決められるので、高く換金できる可能性がある。
デメリット
手数料が発生。売れるまで時間がかかる。

ギフト券売買サイトを利用するメリットは、出品する予定のGoolge Playギフトカードなどのギフト券の販売価格を自分で設定できる点です。

デメリットは、手数料が発生すること、換金できるまで時間がかかることです。

価格を決定できるのですが、高ければ売れません。売るためには、相場と同等か相場より安く販売価格を設定する必要があります。

ギフト券売買サイトは、出品して換金するまで2種類の手数料が発生します。出品したギフト券の額面にかかる出品手数料と販売金額の引出し時にかかる出金手数料です。

手数料は、ギフト券売買サイトによって違います。出品手数料は出品したギフト券の額面の約2%、出金手数料は1回の出金で約300円が平均です。

手数料や相場を考えると、目安としては5万円を超える額面のGoogle Playギフトカードなら、買取サイトより高く換金できる可能性が高くなってきます。

出品してから売れるまでの時間は、時期や販売価格、利用する売買サイトによって変わります。数日程度の時間は必要だと考えておきましょう。

売買サイトへ出品時の換金額の目安

ギフト券売買サイトに、Google Playギフトカードを出品したときの換金額を試算しました。現在のGoogle Playギフトカードの相場は、額面金額の85%です。もちろんこれ以上の価格で出品することもできます。ですが、相場以上の価格で出品しても売れなくなってしまします。

シミュレーションは、Google Playギフトカードを85%で出品した場合を想定しています。手数料は、売買サイトの平均値を参考にしました。出品手数料は額面金額の2%、出金手数料を300円で計算しています。

5000円分のGoogle Playギフトカードを出品
4,250円(出品価格) – 100円(出品手数料) – 300円(出金手数料) = 換金額 3,850円(換金率 : 77%)


1万円分のGoogle Playギフトカードを出品
8,500円(出品価格) – 200円(出品手数料) – 300円(出金手数料) = 換金額 8,000円(換金率 : 85%)


5万円分のGoogle Playギフトカードを出品
42,500円(出品価格) – 1,000円(出品手数料) – 300円(出金手数料) = 換金額 41,200円(換金率 : 82%)


10万円分のGoogle Playギフトカードを出品
85,000円(出品価格) – 2,000円(出品手数料) – 300円(出金手数料) = 換金額 82,700円(換金率 : 82.7%)

売買サイトは、ギフト券の額面が高ければ高いほど、換金率が高くなります。目安としては、Google Playギフトカードの額面金額が5万円を超えると、買取サイトやオークションサイトより高く換金できる可能性があります。

ただし売買サイトは換金できるまで、出品の手間と数日の時間がかかります。申込みだけで当日中に現金化できる買取サイトと比較すると、換金率の差は1%くらいです。急いでいたり、出品が面倒だと感じたりするなら買取サイトの利用がおすすめです。

Google Playギフトカードが換金できる売買サイトを確認する

Google Playギフトカードが換金できるギフト券売買サイトBEST3

ギフト券売買サイトでGoogle Playギフトカードを換金するなら、サイト選びは非常に重要です。

売買サイトによって、取り扱っているギフト券の量に大きな差があります。過疎化しているギフト券売買サイトは、手数料が安くても利用するべきではありません。利用者のいない売買サイトは、どれだけ安く出品してもGoogle Playギフトカードが売れません。

売れやすいギフト券売買サイトでは、売れる価格に大きな違いはありません。A社のほうがB社より常に高く売れるということが、起こりにくいのですのですね。

出品するなら、迷わず出品されているギフト券の量が多い大手ギフト券売買サイトから検討していきましょう。

1位.amaten(アマテン)

アマテン(amaten)-ギフト券売買サイト-top

国内で最大の利用者数を誇るギフト券売買サイトです。購入希望者が多いので、出品したGoogle Playギフト券が早く売れます。

amaten(アマテン)は、使いやすさにも定評があります。初めてギフト券売買サイトを利用するなら、おすすめです。

関連記事:「amaten(アマテン)は割安で購入できるギフト券売買サイトなの?取引のリスクとメリットを調査!

2位.ベテルギフト

ベテルギフト-ギフト券売買サイト-top

ベテルギフトは、急成長しているギフト券売買サイトです。アマテンやギフティッシュと比較して、利用者数は少なめです。アマテンと比較して、売れるまで時間がかかるかもしれません。

ですが、手数料が最も低く設定されています。適切な価格設定をしていれば、売れないということはありません。手数料が安いので、高く換金しやすいというメリットがあります。

関連記事:「ベテルギフトはギフト券を安全に割引き購入できる売買サイトなのか検証!

3位.Giftissue(ギフティッシュ)

ギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」

ギフティッシュは、アマテンの次に利用者数が多いギフト券売買サイトです。アマテンよりも手数料が安く、ベテルギフトより利用者数が多く売れやすいです。

バランスの良さが魅力です。どの業者にするか迷ったら、検討してみてください。

関連記事:「ギフティッシュ(Giftissue)は安い手数料で安全にギフト券の購入や売却できる売買サイトなのか徹底調査!

オークションサイトに出品して換金

ヤフオクなら電子ギフト券の出品も可能

オークションサイトにGoogle Playギフトカードを出品して換金する方法です。

国内のオークションサイトとしては、ヤフオクとモバオクが有名です。メルカリやギフルなどのフリマサイトは、Google Playギフトカードなどの電子ギフト券の出品を全面的に禁止しています。

オークションのメリットとデメリット

オークションサイトの特徴
メリット
最低落札価格や即決価格により、自分で価格を設定できる
デメリット
手数料が高額。換金するまで手間と時間が必要。

オークションサイトのメリットは、自分で価格を設定できることです。ただし、ギフト券売買サイトと同様に相場より高ければ売れません。Google Playギフトカードを出品している他の出品者の価格を参考にして価格を決定しましょう。

デメリットは、手数料が高額なこと、売れるまで手間と時間がかかることです。

手数料は、落札された金額の約10%になります。オークションサイトなので、価格設定や紹介文の作成、希望者とのやり取り、納品といった手間と時間も必要です。

Google Playギフトカードの換金は、オークションサイトよりギフト券買取サイトや売買サイトを利用したほうが換金額や手間、時間の面で適しています。

オークションへの出品に慣れていないと、損してしまうと思います。

>>ヤフオクはこちら

>>モバオクはこちら

ヤフオクへ出品した場合の換金額の目安

日本最大のオークションサイトであるヤフオクで、Google Playギフトカードを出品して販売した場合の換金額をシミュレーションしました。

ヤフオクで過去の出品と落札価格の履歴を確認しました。Google Playギフトカードの相場は、額面金額の90%です。落札価格から手数料を差し引いた金額が、換金額になります。ヤフオクの手数料である落札システム手数料は、落札価格に対して8.64%(Yahoo!プレミアム会員)か10%(非会員)のどちらかが発生します。月額498円を支払うとYahoo!プレミアム会員になれます。

シミュレーションは、Google Playギフトカードが額面の9割の価格で売れた場合を想定し、落札システム手数料を非会員の10%で計算しています。

5000円分のGoogle Playギフトカードを出品
4,500円(落札価格) – 450円(落札システム料) = 換金額 4,050円(換金率 : 81%)


1万円分のGoogle Playギフトカードを出品
9,000円(落札価格) – 900円(落札システム料) = 換金額 8,100円(換金率 : 81%)


5万円分のGoogle Playギフトカードを出品
45,000円(落札価格) – 4,500円(落札システム料) = 換金額 40,500円(換金率 : 81%)


10万円分のGoogle Playギフトカードを出品
90,000円(落札価格) – 9,000円(落札システム料) = 換金額 81,000円(換金率 : 81%)

オークションを買取サイトや売買サイトと比較すると、換金率が下がる傾向にあります。ただし、タイミングによっては予定より高く売れることもあります。

ですが出品には、商品の画像や紹介文が必要です。オークションに慣れていれば、大丈夫だと思います。普段からオークションで売買していないなら、面倒なのでおすすめできません。

大黒屋など金券ショップの店舗はGoolge Playギフトカードを買取りしていません

金券ショップの店舗は電子ギフト券の買取を行っていません

図書券やビール券、QUOカードなどの商品券の売買は、金券ショップで行うのが一般的です。

ですが、Google Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなどの電子ギフト券は、金券ショップの店舗だと買取に対応していません。

大黒屋やアクセスチケットといった、都内に複数の路面店を持つ大手の金券ショップでも取り扱っていません。買取を行っていませんし、販売もしていません。

電子ギフト券は、実物の紙券のない商品券です。たしかにコンビニなどで購入するGoogle Playギフトカードは、プラティックのカードです。ですが、カード自体に価値はありません。ギフト券として価値があるのは、カードに記載されたコード番号です。

グーグルプレイギフトカードが使えるのか判断するには、コード番号をGoogleのアカウントに登録しなければなりません。

スクラッチを削っていないカードでも、店舗のレジてアクティベート(有効化)していなければ、ギフト券として使用できません。もちろん盗品のカードは使えません。

有効かどうかの確認のためアカウントに登録すると、アカントに残高が追加されてしまいます。確認したギフト券は、使えなくなってしまいます。

買い取ったGoogle Playギフトカードが有効か確認してしまうと、店舗で販売できなくなってしまうのですね。確認しなければ、盗品などの不正ギフト券を買い取ってしまう恐れがあります。

このような理由から、金券ショップの店舗ではGoogle Playギフトカードを始めとした電子ギフト券の取り扱いをしていません。

メルカリなどのフリマアプリでは売買できません

フリマアプリではギフト券の出品はできません

不用品の売買でメルカリやラクマといったフリマアプリを使っているかたも多いと思います。ですがフリマアプリでは、Google Playギフトカードを出品できません。Google Playギフトカードに限らず金券全般の出品が利用規約で禁止されています。出品もできませんし購入もできません。

以前は取り扱いをしていたようです。過去の履歴を確認すると、取引の形跡を確認できます。ですが不正なギフト券のやり取りなどが問題になり、禁止されてしまいました。

Google Playギフトカードの現金化は違法ではありません

不要なギフト券の換金は違法ではありません

金券ショップで買取に対応していなくて、メルカリでも禁止されています。ですが、不要なGoogle Playギフトカードの換金は違法ではありません。Google Playギフトカードの利用規約でも、転売は禁止となっています。ですが、Googleという企業の利用規約で禁止しているだけです。規約は法律ではありません。換金しても問題ありません。

Google Playギフトカードは、名前にギフトが入っているくらいですから贈り物としての側面が強いです。Google社には、送ったギフト券のやり取りに金券の授受があったか判断できません。違法ではありませんし、必要以上に規約を気にしなくても問題ありません。

不要なGoogle Playギフトカードを持っていても無駄になってしまいます。要らなければ、現金化しると損しませんね。

Goolge Playギフトカードの換金に最適なギフト券買取サイトBEST3

ギフト券買取サイトは、amazonギフト券の買取しか対応していない業者がほとんどです。

ですが一部の業者は、Google Playギフトカードの買取に対応しています。

ギフト券買取サイトは、簡単な申込みだけで当日中にGoogle Playギフトカードを高額換金できるというメリットがあります。

紹介しているギフト券買取サイトは、すべて優良な買取業者です。

3,000円以上のGoogle Playギフトカードを持っていれば、「買取ボブ」がおすすめです。買取率が高く、振込手数料は無料、24時間365日いつでも換金できます。

額面が3,000円未満のGoogle Playギフトカードならギフトグレースをおすすめします。額面1万円未満のギフト券の換金だと振込手数料が発生します。ですが、高い買取率で換金できます。

1位.買取ボブ

買取ボブ-amazonギフト券-Google Playギフトカード-iTunesカード-楽天ポイントギフトカード-買取-換金
年中無休24時間いつでも高額買取しています。振込手数料はどの金融機関を振込先に指定しても無料です。

額面金額が3000円以上のGoogle Playギフトカードからの買取に対応しています。ギフト券買取サイトは、多くの業者があります。ですが、買取ボブより高く換金できて、入金までが早い業者は存在しません。

>>買取ボブの公式サイトを確認する

関連記事:「買取ボブで換金するなら知らないと損する7つのこと、遅い?安全?評判は?高く換金できる?すべて解説!

2位.ギフトグレース

ギフトグレース-amazonギフト券買取サイト-高額買取-即日換金

ギフトグレースは、家電製品を中心として通販事業を行っている法人企業が運営しているギフト券買取サイトです。高額な買取率と入金時間が早くて高評価を得ています。

Google Playギフトカードの買取率は、業界最高峰です。初回と2回目以降のどちらも買取率が高く、継続利用に向いています。振込手数料は、額面1万円以上だと無料、9,999円未満は216円が発生します。

営業時間は日曜日を除く24時間営業です。額面500円以上のGoogle Playギフトカードの換金からの買取の対応しています。状況に応じて、買取ボブと一緒に検討すると損しません。

>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

関連記事:「ギフトグレースの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい7つの魅力とデメリット

3位.金券買取EX

金券買取EX-ギフト券買取サイト-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-高額買取-優良業者

金券買取EXの営業時間は19時までと短めです。ですが、Google Playギフトカードの買取に対応しています。額面が1000円以上のグーグルプレイギフトカードなら、金券買取EXで換金できます。

額面が1万円を下回るギフト券の買取だと振込手数料が発生します。買取率は、買取ボブと同等か少し低いです。

>>金券買取EXの公式サイトを確認する

関連記事:「金券買取EXの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい魅力5選と3つのデメリット

その他.買取本舗

買取本舗-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-ギフト券買取サイト

買取本舗は、買取ボブや金券買取EXよりも早い時期に、Google Playギフトカードの買取をはじめました。

買取率は、買取ボブより下がります。ですが、振込手数料が無料で24時間365日利用できます。

Google Playギフトカードの買取に対応している業者は少数です。覚えておいて損はありません。

>>買取本舗の公式サイトを確認する

関連記事:「買取本舗の買取率と安全性を徹底検証!iTunesとグーグルプレイも換金OK

ランキング外のGoogle Playギフトカードの買取に対応した買取サイトを確認する

ランキング外のGoogle Playギフトカードを換金できるギフト券買取サイト

他にもGoogle Playギフトカードの買取に対応したギフト券買取サイトがあります。ただしランキング上位の買取ボブやギフトグレースといった買取サイトと比較すると、買取率や振込時間などのサービス面で劣ります。利用を検討するというより、比較や参考のために確認する程度で充分です。

ギフトオフ
電子マネー買取サイト「GIFTOFFギフトオフ」公式サイトの画像

ギフトオフは、RMT(リアル・マネー・トレード)の事業を行う法人企業が運営しているギフト券買取サイトです。RMTとは、オンラインゲーム上の通貨やアカウントを売買することです。ギフトオフは、Google Playギフトカードだけでなく、数十種類の電子ギフト券の買取に対応しています。買取方式は、即時買取と委託買取、郵送買取に分かれています。Google Playギフトカードは、委託買取です。委託買取は、ギフトオフが購入者を見つけます。購入者が決定すると、買取成立となります。振込までの時間は、申込み時には分かりません。

関連記事:「ギフトオフ(GIFT OFF)の買取率と評判を検証!換金率の高い電子マネー買取サイトなの?

アマプライム
アマプライム-公式サイト-topページ画像

アマプライムは、Google Playギフトカードの買取も行っているギフト券買取サイトです。amazonギフト券やiTunesカードなど複数種類のギフト券を換金できます。少額なギフト券の買取にも対応しています。ですがアマプライムの公式サイトでは、Google Playギフトカードの詳細な買取率を掲載していません。買取率は日によって変動しています。詳しい買取率は、アマプライムに直接確認しないと分かりません。

関連記事:「アマプライムの買取率は低い?遅い!との口コミもあるが、iTunesなども換金OK

額面金額によっては、もっと高く早く現金化できます

Google Playギフトカードを持っていなくて、これから入手する予定なら、高く早く売れやすい額面で準備しましょう。

売れやすい額面は、1万円以下で1円単位の中途半端な端数がないギフト券です。「1500円」「3000円」「5000円」「1万円」のGoogle Playギフト券は、店舗でも販売されているので、馴染みやすいという特徴があります。売買サイトでも売れるまで早くなる傾向にあります。

額面は、5万円を1枚より1万円を5枚のほうが換金しやすいです。一枚あたりのギフト券が高額なほど、購入者は限られてしまいます。1円単位の端数のあるギフト券も避けたほうが無難です。例えば、額面が5,432円より5000円のギフト券のほうが売れやすいです。

ギフト券買取サイトでも「買取ボブ」や「ギフトグレース」といった優良業者なら、「1500円」「3000円」「5000円」「1万円」のGoogle playギフトカードだと、買取率が通常より1%アップします。もちろん一度の申し込みで、複数枚のギフト券を換金することもできます。

買取サイトで換金するまでの流れ

ギフト券買取サイトを利用すれば、簡単にGoogle Playギフトカードを換金できます。どの買取サイトでも基本的な利用方法は同じです。

他のGoogle Playギフトカードの換金手段と違って、簡単な申込みだけで当日中に現金化できます。

利用前に準備しておいたほうがよいもの

あらかじめギフト券買取サイトを利用する前に必要なものを準備していくと、スムーズに換金できます。

買取サイトの利用に必要なもの

  1. 連絡先(電話番号とメールアドレス)
  2. 銀行口座
  3. 身分証
  4. Google Playギフトカード

1.連絡先(電話番号とメールアドレス)
申込時に連絡先として電話番号とメールアドレスが必要です。メールアドレスは、買取手順の説明や振込完了の案内のメールが届きます。電話は基本的にかかってきません。緊急時の連絡先として使用します。

2.銀行口座
Google Playギフトカードの買取が成立すると、買取金額が口座へ振り込まれます。申込時に口座の情報を送ります。番号を間違えないように注意しましょう。

金融機関によっては、平日の15時以降の振込は翌日にならないと入金の確認をとれない可能性があります。15時以降の利用なら、詳細な時間を買取サイトと金融機関の公式サイトを確認しておきましょう。

傾向としてゆうちょ銀行やネットバンク(住信SBIネット銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行)は、24時間の振込に対応しているケースが多いです。

3.身分証
初回の利用時に本人確認で使います。申込時に身分証の写真を添付して送ります。2回目以降の利用なら、身分証の提示は不要です。

金券ショップも同様に、買取時に身分証の提示を行います。Google Playギフトカードなどの金券の売買には、公安委員会の監督する古物商の営業許可が必要です。許可を受けた店舗は、古物商法を遵守して営業しています。法律では、買取時の身分証の提示が義務付けられています。

身分証の提示がいらない業者は、無許可で営業している恐れがあります。悪徳業者の可能性があるので、利用しないほうがいいです。優良な買取サイトは、法人企業が運営しています。個人情報はしっかりと取り扱われます。漏洩の心配はありません。

4.Google Playギフトカード
換金を申し込む予定のGoogle Playギフトカードを、申し込み前に準備しておきましょう。ギフトカードは、郵送で送るわけではありません。申し込み時にカードのコード番号を送信するだけです。

申込みから換金までの流れ

ギフト券買取サイトの利用方法は、どの業者も大差がありまえん。インターネット通販を利用するくらいの手間でGoogle Playギフトカードを換金できます。

買取サイトの利用に必要なもの

  1. 利用する買取サイトを選択
  2. 申し込み
  3. 口座へ入金を確認

1.利用するギフト券買取サイトを決定
最初に買取を依頼する買取サイトを選択します。しっかりと運営している優良業者であることが最重要です。優良な買取サイトの中から、営業時間や買取率、振込時間などのサービス面で希望にあった買取サイトを選んでください。

>>最新のGoogle Playギフトカードの買取サイトのランキングを確認する

2.申し込み
ギフト券買取サイトの公式サイトにアクセスしたら、専用のフォームから申し込みます。名前や連絡先などの項目を間違えなく入力したら、送信しましょう。買取サイトによっては、ギフト券のコード番号や身分証の写真データを最初に送る場合もありますし、あとからメールで送る場合もあります。

注意点としては、Google Playギフト券のコード番号を送信すると、基本的にキャンセルできません。業者側は、受け取ったギフト券が有効なのか確認するのに、Googleのアカウントへ登録することがあります。登録したギフトカードは、再利用できなくなってしまいます。キャンセルしたくても、できなくなってしまうのですね。

不明点や質問があれば、Google Playギフトカードの送信前に解消しておきましょう。問い合わせをメールですれば、答えてもらえるはずです。

3.換金額の入金を確認する
申し込みが完了したら、入金を待つだけです。買取金額の入金までの時間は、業者や時期によって変わります。買取ボブやギフトグレースの公式サイトは、最新の振込時間をリアルタイムで掲載しています。

振込が完了すると、案内がメールで届きます。振込完了の案内を受信したら、口座を確認しましょう。口座へ正しい換金額が入金されていることを確認できるはずです。

通常だと、申込みフォームへの入力から入金確認まで1時間くらいで終わります。ただし毎月1日の月初は、買取サイトの繁忙期です。混んでいるので、振込まで時間がかかります。振込は先着順に行われます。急いでいるなら、早めに申し込みましょう。

「Google Playギフトカードを換金する3つの方法と高換金率の買取サイトBEST3」まとめ

これまでGoogle Playギフトカードの換金は、ギフト券売買サイトの利用が主流でした。

ですが、対応しているギフト券買取サイトが増え、買取率も急激に上昇しています。買取サイトなら、申込みすれば即時換金が可能です。

ギフト券売買サイトも良い換金手段です。ですが、買取サイトのサービス力が急激に上がっています。それに伴い、売買サイトのメリットは少なくなっています。

Google Playギフトカードを換金するなら、買取ボブのような優良なギフト券買取サイトから検討していくと損せずお得に換金できます。

>>買取ボブの公式サイトを確認する

 

 

↓追加情報

Google Playギフトカードでamazonのアカウントにある残金を換金する方法

amazon-Google Playギフトカード-販売状況

Google Playギフトカードは、amazonでも購入できます。amazonのアカウントに残金があるが、amazonには欲しい商品がないけどGoogle Playで課金したい方、amazonにある残金を換金したい方が購入しています。

このようなイレギュラーな需要を満たす商品という位置づけのため、定価より1割くらい割高です。

販売されているGoogle Playギフトカードを購入すれば、買取サイトなどを利用して換金できます。購入する手間はかかりますが、アカウントないの残高を換金するのに確実な方法です。

amazonで電子ギフト券を購入する場合には、カードを販売する業者から購入しましょう。コード番号だけの販売は、amazonの出品規約に違反しています。最初からコードで販売する業者は、危険な可能性があります。

amazonでは、Google Playギフトカードだけでなく、iTunesカードもや楽天ポイントギフトカードも購入できます。iTunesカードも換金率が高く人気のギフト券です。

残高の換金を目的にするなら、販売価格が安くて、買取率の高い種類のギフト券を選ぶと損しませんね。Google PlayギフトカードとiTunesカード、楽天ポイントギフトカードの買取率は同程度です。ですが時期によっては、どれかが高いことがあります。

関連記事:「iTunesカードの買取率が高い買取サイト3選と換金する3つの方法

関連記事:「楽天ポイントギフトカードを換金する4つの方法と高額買取のギフト券買取サイトは?

Google Playギフトカードの使いみち一覧

額面が1000円未満のグーグルプレイギフトカードは、買取に対応している業者が少ないです。

買取に対応していても、手数料が発生するため換金額は低くなります。ギフト券売買サイトでも同様に、手数料が換金額を圧迫します。

それならば、使ってしまうのも良いかもしれません。Google Playギフトカードは、Google Playストアでコンテンツの購入やAndroidのスマートフォンならアプリ内課金の支払いにも利用できます。

Google Playギフトカードの利用先

  • Google Playストア:アプリ、音楽、映画、書籍などコンテンツの購入やレンタル
  • Android 搭載端末:アプリ内の課金
  • Google Play Music:音楽の聴き放題サービス
  • LINE(android搭載端末から):LINEスタンプやきせかえの購入、ゲームの課金

Google Playギフトカードはどこで購入できる?割引きで買えるのはドコ?

Google Playの公式サイトを確認すると、コンビニや家電量販店、デパートなどでGoogle Playギフトカードが販売されています。

携帯電話キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の公式オンラインショップで購入

Google Playの公式サイトでは案内されていませんが、店舗のほかに携帯キャリア(au・docomo・softbank)のオンラインショップで購入できることがあります。販売は不定期で、中止している期間も多いです。気になるなら、お手持ちのキャリアの公式オンラインショップを調べてみてください。

Google Playギフトカードは、ギフト券売買サイトでも買えます。ギフト券売買サイトのメリットは、割安でGoogle Playギフトカードが購入できることです。キャンペーン期間中は、割引価格で販売されています。

Google Playギフトカードを割安で購入できるギフト券売買サイトBEST3

ギフト券売買サイトで販売されているギフト券は、定価より割安です。

どの売買サイトが、確実に一番安いということはありません。優良なギフト券売買サイトなら、ほとんど価格は変わりません。

気にしておきたいのは、安全性や保証内容です。しっかりとしたギフト券買取サイトを利用しないと、不正ギフト券を購入するリスクが高まります。そして万が一の時、返金保証があることも重要です。

不正ギフト券とは
後から使えなくなる電子ギフト券を不正ギフト券と呼びます。
ギフト券を購入したら、対応するサービスのアカウントにコード番号を登録してチャージします。コード番号を入力すれば、アカウントにギフト券の金額が追加されます。
不正ギフト券だと、一旦はアカウントに登録できますが、後から残金が凍結できて利用できなくなります。
このような不正ギフト券を購入しないため、安全なギフト券売買サイト選びと保証の確認が大切です。

割安に購入できる売買サイト1位.ベテルギフト

ベテルギフト-ギフト券売買サイト-top

ベテルギフトは、ギフト券買取サイトのなかで最も安全にGoogle Playギフトカードなどの電子ギフト券を購入できます。ベテルギフトの運営元のノア商社は、amazonギフト券買取サイト「ギフトグレース」を運営しています。電子ギフト券の取り扱いに関して、豊富なノウハウを持っています。

購入・売却のどちらも身分証を提示しての本人確認が必要です。ベテルギフトは本人確認をしっかり行うので、悪質な利用者は皆無です。

ベテルギフトは、他のギフト券売買サイトより不正ギフト券の出品数が圧倒的に少ないです。万が一、使えないギフト券を購入しても30日間の返金保証があるので安心です。

安くGoogle Playギフト券を購入したいけど、売買サイトの利用に不安があるならオススメです。

関連記事:「ベテルギフトはギフト券を安全に割引き購入できる売買サイトなのか検証!

割安に購入できる売買サイト2位.Giftissue(ギフティッシュ)

ギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」

ギフティッシュは、出品者数が多く保証もしっかりとしたギフト券売買サイトです。ベテルギフトと同じように不正ギフト券を購入してしまっても、30日間の返金保証があります。ただし、ギフティッシュで購入したことを証明する必要があります。

ベテルギフトと比較して、出品されるギフト券は多いですが、不正ギフト券の出品数も少し多いで印象です。ただし、不正ギフト券は数万券の取引で数件と0.01%以下の確率です。あまり神経質にならなくても良い気もします。

関連記事:「ギフティッシュ(Giftissue)は安い手数料で安全にギフト券の購入や売却できる売買サイトなのか徹底調査!

割安に購入できる売買サイト3位.amaten(アマテン)

アマテン(amaten)-ギフト券売買サイト-top

アマテンは、国内最大規模のギフト券売買サイトです。出品されるギフト券が豊富です。最も欲しいギフト券が見つかりやすい売買サイトです。

アマテンは、不正ギフト券への返金保証がありません。30分以内のエラー報告だけになります。

ですが、不正ギフト券を購入してしまう確率は非常に低く、購入したギフト券はすぐ使ってしまえば不正ギフト券でも関係ありません。

ギフト券を購入してもすぐ使う予定がなければ、ベテルギフトやギフティッシュを利用しておいたほうが無難ですね。

関連記事:「amaten(アマテン)は割安で購入できるギフト券売買サイトなの?取引のリスクとメリットを調査!