楽天ポイントギフトカードを換金する4つの方法と高額買取のギフト券買取サイトは?

楽天ポイントギフトカード-換金-買取-現金化

楽天ポイントギフトカードは、楽天市場での買い物や楽天グループのサービス購入に使える便利なギフト券です。

利便性の高い楽天ポイントギフトカードですが、楽天で欲しいものがなくて使う予定のないという方も大勢いると思います。

このページは、楽天ポイントギフトカードを換金する4種類の方法を紹介していきます。それぞれの現金化の方法にはメリットとデメリットがあります。

解説しているどの方法でも、楽天ポイントギフトカードを換金できます。あなたの状況にあった方法を選択してください。

現時点で最もおすすめの換金手段は、ギフト券買取サイトの利用です。簡単な申し込みだけで、当日中に高額に楽天ポイントギフトカードを換金できます。

高い買取率で楽天ポイントギフトカードを即日換金できるギフト券買取サイト
>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

目次

楽天ポイントギフトカードを換金する4つの方法

楽天ポイントギフトカードは、最大手の通販サイトの楽天市場での商品購入に利用できます。ですが、現金と違い公共料金や家賃の支払いには利用できません。

楽天ポイントギフトカードは、有効期限が6ヶ月間と短いです。使いみちのない不要な楽天ポイントギフトカードは、すぐに換金してしまったほうがお得です。使わずに有効期限が切れてしまうと、損ですからね。

どの方法でも。楽天ポイントギフトカードを問題なく換金できます。どの方法もメリットとデメリットがあります。

下記では、それぞれの換金方法について解説していきます。あなたの状況にあった現金化の方法を探してみてください。

楽天ポイントギフトカードを換金するのに最もおすすめの方法は、ギフト券買取サイトを利用することです。簡単な申し込みで、即日で高額に換金できます。

→おすすめの楽天ポイントギフトカードの買取サイトを確認する
(※該当箇所へスクロールします↓↓)

楽天ポイントギフトカードをギフト券買取サイトで換金

ギフト券買取サイト_ギフトグレース_楽天ポイントギフトカード_買取

楽天ポイントギフトカードなど、インターネット上のサービスの決済に使える商品券を電子ギフト券と呼びます。

電子ギフト券には多くの種類があります。Amazonギフト券は、電子ギフト券のなかでも特に人気が高く、広く流通しています。Amazonギフト券の買取を専門で行う業者も複数あります。

Amazonギフト券の買取は、ネットで申し込むだけで、すぐに口座へ買取金額が振り込まれます。金券ショップのように路面店を持たず運営コストが抑えられるため、買取率を高くできるという特徴があります。

一部のAmazonギフト券買取サイトは、Awmazonギフト券だけでなく、iTunesカードやGoogle Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードなどの買取も行っています。

ギフト券買取サイトが便利な3つの理由

  1. 高い換金率で買い取りしている
  2. 簡単な申し込みで手間が少ない
  3. 即日で買取金額が入金される

現時点では、いくつかの楽天ポイントギフトカードを換金する方法の中で、もっともお得なのはギフト券買取サイトを利用することです。

高い買取率で換金できる

楽天ポイントギフトカードを換金するには、ギフト券売買サイトやオークションサイトに出品するという方法もあります。

ギフト券売買サイトなら、出品するギフト券の価格を自分で決められます。オークションサイトなら最低落札価格を設定することで、必要以上に安く落札されつことを防げます。

ですが、楽天ポイントギフトカードの値段が高ければ売れません。売れるか売れないかは純粋な金額での勝負になります。他の出品者と同じ水準か安くするギリギリの値段設定が必要です。

さらに、ギフト券売買サイトとオークションサイトのどちらも手数料が発生します。出品した楽天ポイントギフトカードが売れても、そのまま手元には入ってきません。そこから、数%~約10%の手数料が差し引かれます。

ギフト券買取サイトは、買取価格を決められませんが、高めに買取率が設定されています。手数料もかからず、他の換金手段と比べて高い金額で、ポイントギフトカードを換金できます。

換金するまでの手間が少ない

ギフト券売買サイトやオークションサイト、楽天市場で商品を購入して転売といった方法は、楽天ポイントギフトカードを換金するまで手間がかかります。

初めての利用なら利用者登録、出品するギフト券の価格の決定、落札者とのやり取り、落札希望者と交渉、転売なら換金率の高い商品の選定、商品の受け取り、店舗へ訪問しての売却手続きなど。

ギフト券買取サイト以外の換金手段は、複数の工程を挟まないと楽天ポイントギフトカードを現金化できません。

ギフト券買取サイトなら、ネット上で申し込み手続きをするだけでOKです。申込みが済めば、買取金額が入金されるのを待つだけです。

申し込んだら、当日中に即日換金できる

ギフト券買取サイトは、申し込めば当日中に換金額が入金される早さもメリットのひとつです。

ギフト券売買サイトやオークションサイトだと落札が現れるまで時間を要します。換金率の高い商品を購入しての転売でも、商品の到着まで数日間は待つ必要があります。買取サイト以外の方法だと、楽天ポイントギフトカードの現金化まで数日の余裕はみておくべきでしょうね。

ギフト券買取サイトは、申し込んでから数分~数時間、遅くとも当日中に買取金額の入金を確認できます。業者がじかに買い取るので余計な時間はかかりません。

→楽天ポイントギフトカードの換金率が高い買取サイトへ進む
(※該当箇所へスクロールします↓↓)

ギフト券売買サイトで楽天ポイントギフトカードを出品して販売

ベテルギフト-ギフト券売買サイト-top

楽天ポイントギフトカード等やamazonギフト券などの電子ギフト券の売買を行えるwebサービスがあります。それらは、ギフト券売買サイトと呼ばれており、安く購入したい希望者と高くギフト券を換金したいユーザーをマッチングさせています。

出品できる電子ギフト券の種類が豊富で、楽天ポイントギフトカードだけでなく、数十種類の電子ギフト券の売買が行えます。

楽天ポイントギフトカードは、Amazonギフト券、iTunesカード、Google playギフトカードに次ぐ4番目くらいに取引量がある人気のギフト券です。

ギフト券売買サイトの特徴
メリット
価格を自由に設定できるので、高く換金できる可能性がある
デメリット
手数料が発生するので、少額なギフト券だと換金率が下がる。換金できるまで時間がかかる。

ギフト券売買サイトの利点としては、出品するギフト券の値段を自分で決められるので、高く換金できる官能性があることです。

ですが、ギフト券には品質は関係ありません。値段だけが購入の要因になります。他の出品者より高い価格で出品しても、売れません。出品されているギフト券の状況確認して、無理のない価格設定をする必要があります。

ギフト券売買サイトのデメリットは、換金まで時間がかかることと手数料が高額なことです。

出品してから購入者が現れるまで、当日から一週間の時間が必要です。もちろん、相場より大幅な割引をして出品すれば速く売れます。ですが安くしすぎると、ギフト券売買サイトを利用するメリットがありません。

売買サイトによって詳細な金額は変わりますが、手数料が発生するのもデメリットの1つです。手数料には、出品手数料と出金手数料の2種類あります。

出品手数料は、ギフト券が売れた場合に発生する手数料です。出品したギフト券の額面金額の約2%の手数料がかかります。

出金手数料は、ギフト券が売れた販売収益の引き出しに必要な手数料です。お金を自分の銀行口座へ移動するのに、1回あたり約300円の手数料が必要です。

ギフト券売買サイトでの楽天ポイントギフトカードの平均相場は、額面金額にたいして90%くらいです。そこから手数料が差し引かれます。仮に1万円の楽天ポイントギフトカードを出品したとすると、手数料を考えると8500円(換金率85%)で換金できます。

少額な楽天ポイントギフトカードの換金を売買サイトですると、手数料が換金額をかなり圧迫します。手間もかかって換金率も低くなり、損してしまいます。

額面金額が5万円未満の楽天ポイントギフトカードの換金なら、ギフト券買取サイトのほうが高く換金できます。5万円以上の楽天ポイントギフトカードなら、買取サイトより高く換金できる可能性があります。

→iTunesカードの出品に適したギフト券売買サイトBEST3へ進む
(※該当箇所へスクロールします↓↓)

オークションサイトに出品して換金

ヤフオクなら電子ギフト券の出品も可能

ヤフオクやモバオクなどのオークションサイトでは、楽天ポイントギフトカードの出品が可能です。

オークションサイトの特徴
メリット
価格を自分で決められるので、高額に換金できる可能性がある
デメリット
手数料が高い。売れるまで時間と手間がかかる

ギフト券売買サイトと同様に、出品者が最低落札価格を決定できるので換金額を高くコントロールできるメリットがあります。

ですが、他の出品者もいます。ライバルより高く値段を付けると、売れるまで時間がかかるか、落札者が現れず売れません。

ヤフオクでの楽天ポイントギフトカードの出品状況を確認すると、額面金額の約10%の割引をしていると、落札者が現れやすいようです。

オークションのデメリットは、手数料が高額なことと換金できるまでに時間と手間が必要なことです。

出品した楽天ポイントギフトカードが売れても、そこから手数料が約10%も差し引かれてしまいます。

さらにオークションだと、初回の利用登録や出品状況の確認、最低落札価格の決定、商品の画像、紹介文の作成、入札者や落札者への対応といった複数の作業が必要です。普段から出品に慣れているなら、問題はないのかもしれません。ですが単発で利用するなら、面倒だと感じるはずです。

オークションサイトでは、楽天ポイントギフトカードに限らず、電子ギフト券の購入にも注意が必要です。コード番号のみで出品している場合、利用ができない不正ギフト券を購入してしまうリスクがあります。オークションサイトで購入するなら出品者の過去の事出品状況や評価を確認して、安全だと確信をもってから入札するようにしましょう。

>>ヤフオクはこちら

>>モバオクはこちら

金券ショップやフリマサイトでは、楽天ポイントギフトカードを換金できません

商品券の売買といえば、金券ショップの店舗で行うのが一般的です。ネット上で売買する場合には、ギフト券売買サイトを利用するより、メルカリやラクマといったフリマアプリ(サイト)に出品したい方もいると思います。

ですが金券ショップの店頭やフリマアプリでは、楽天ポイントギフトカードなどの電子ギフト券の取り扱いはしていません。

大黒屋などの金券ショップの店舗では、楽天ポイントギフトカードの買取に対応していません

商品券やチケットなどの金券類を安く買ったり、売ったりするのに金券ショップは便利ですね。

楽天ポイントギフトカードは、楽天で買い物ができる商品券です。ですが金券ショップでは、楽天ポイントギフトカードの販売を行っていません。買取にも対応していません。

金券ショップでは、楽天ポイントギフトカードを始めとした電子ギフト券全般の取り扱いをしていません。

楽天ポイントギフトカードは、コンビニ購入するときプラスチックのカードをレジに持っていきます。レジでの代金の支払いと同時に、店員さんがギフト券の有効化(アクティベート)の作業を行っています。

有効化をしなければ、ギフト券として使うことができません。ギフト券が有効なのか判断するには、楽天のアカウントにポイントギフトカードをチャージする必要があります。

チャージしたギフト券は、再利用できません。金券ショップで買い取っても、お店で販売できないのですね。ギフト券が有効かどうかの確認は、必ずしなければなりません。有効化(アクティベート)していないギフト券を間違って買い取ってしまったら、お店は大損ですからね。

このような事情から金券ショップの店舗では、楽天ポイントギフトカードの換金はできません。都内に複数の店舗ある大黒屋などの大手金券ショップでも取り扱っていません。

メルカリやラクマなどのフリマアプリ(サイト)は楽天ポイントギフトカードが出品できません

不用品を売るといったら、ヤフオクよりメルカリなどのフリマアプリを使われる方も多いのではないでしょうか。

楽天ポイントギフトカードもメルカリに出品できればいいのですか、メルカリに限らずラクマなどしっかりとしたフリマアプリでは、商品券も含めた金券類全般の出品を禁止しています。

数年前は取引されていたのですが、今は出品を禁止しています。購入も換金もできません。利用規約にも、金券の出品を禁止すると記載されています。

アカウントに楽天ポイントギフトカードをチャージしてしまったら、楽天市場で換金率の高い商品を購入して換金するのがおすすめ

楽天ポイントギフトカードを使えば、楽天市場で商品を購入できます。楽天は最大手の通販サイトなので、購入できる商品は非常に豊富です。

楽天で買える商品の中には、換金率が高くて転売にむいているものもあります。

商品を転売して換金する方法の特徴
メリット
実店舗で換金できる
デメリット
換金率は低くなる。手間と時間がかかる

どうしても、買取サイトや売買サイト、オークションサイトを使って換金したくないなら、いい方法かもしれません。買取サイトや売買サイトで換金しても、問題は起こりません。ですが、不安に感じて利用をためらってしまうか方もいるかもしれません。

楽天で購入する商品を転売する場合、実際の店舗で買取を行っている商品を購入します。購入した商品をお店に持っていって売却しましょう。

転売のデメリットは、他の方法と比較して換金率が低くなります。商品の購入、受け取り、店舗への訪問、売却といった手順が必要です。現金化できるまで早くても数日間の時間がかかります。

楽天を利用した商品の転売に適した商品としては、ビール券とゲーム機、iTunesカードがおすすめです。どれも買取に対応している店舗が多く、換金率も安定しています。

ビール券などの商品券を購入して金券ショップで換金

楽天では、いくつかの商品券が購入できます。ビール券が、換金率が高くおすすめの金券です。購入したビール券は、金券ショップにもっていけば買い取ってもらえます。

注意点としては、楽天で売っているビール券は定価より10%~20%割高です。換金目的での購入が多いため、強気な料金設定をしているのだとおもいます。

ゲーム機は換金率が高いが、単価が高いのが難点

ゲーム機も楽天で購入できて換金率が安定している商品のひとつです。プレイステーション4やNintendo Switchを購入して、ツタヤやゲオ、ゲームショップなど中古ゲームの買取を行っている店舗に持ち込みます。

楽天では、ゲーム機を定価より割引で購入できます。最も安い店舗で買いましょう。買取の換金率は、定価の約70%になります。もしゲーム機を購入して余ったポイントは、ビール券を買って調整すると無駄がありません。

ゲーム機を転売する難点は、一個あたりの単価が高額なことです。多くの楽天ポイントを持っていないと試せません。

楽天でiTunesカードを購入してギフト券買取サイトで換金

とくに、楽天のアカウントにチャージしてしまった楽天ポイントギフトカードの換金に適しています。アカウントに登録した楽天ポイントギフトカードは、買取サイトや売買サイトで換金できません。

楽天市場は、ビール券などの紙の商品券だけでなく、iTunesカードも購入できます。購入したiTunesカードは、アカントに登録されていない新品です。ギフト券買取サイトやギフト券売買サイトを利用して換金できます。

iTunesカードなら、換金のため商品を店舗に持ち込む必要がありません。自宅にいながら、楽天ポイントギフトカードを換金できる手軽さがあります。

関連記事:「iTunesカードの買取率が高い買取サイト3選と換金する3つの方法

楽天ポイントギフトカードの買取におすすめのギフト券買取サイト

電子ギフト券として最も流通量が多いのは、Amazonギフト券です、ネット上で、Amazonギフト券の買取を専門に行っている業者があります。

関連記事:「amazonギフト券の買取サイト6選!高額に換金できる買取業者を50社以上から厳選!

これらのAmazonギフト券買取サイトの一部は、楽天ポイントギフトカードの買取にも対応しています。

ギフト券買取サイトのメリットは、簡単な申込みだけで、当日中に高額換金できる点です。

紹介するギフトグレースは、Amazonギフト券買取サイトの中でも特に買取率が高く振込時間も早いと評判の良い業者です。

下記にギフトグレースを含めた楽天ポイントギフトカードの買取を行っているギフト券買取サイトを紹介します。どの買取サイトも健全な運営体制と高いサービス力に定評のある優良業者ばかりです。

1位.ギフトグレース

ギフト券買取サイト_ギフトグレース_楽天ポイントギフトカード_買取

ギフトグレースは、楽天ポイントギフトカードだけでなく、Amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードの買取を行っています。

どのギフト券でも高額に換金できます。楽天ポイントギフトカードは、「1,500円/ 3,000円/ 5,000円/ 1万円/ 1万5,000円/ 2万円」の6種類の買取に対応しています。

複数の楽天ポイントギフトカードをまとめて売却することも可能です。額面の多さに関わらず、買取率は高めに設定されています。

楽天ポイントギフトカードの換金を検討しているなら、どなたにもおすすめできる買取サイトです。

>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

関連記事:「ギフトグレースの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい7つの魅力と重大なデメリット

2位.買取ボブ

買取ボブ-amazonギフト券-Google Playギフトカード-iTunesカード-楽天ポイントギフトカード-買取-換金

買取ボブは、amazonギフト券の買取業者として長い運営歴のある老舗の1社です。買取率の高さと振込時間の早さで人気を集めています。

買取ボブもギフトグレースと同様、楽天ポイントギフトカードの買取に対応しています。額面3000円以上のギフト券の買取から受け付けており、手数料は無料です。

24時間営業で年中無休です。買取ボブなら、楽天ポイントギフトカードをいつでも現金化できます。

>>買取ボブの公式サイトを確認する

関連記事:「amazonギフト券の種類による違いと種類ごとの買取業者と換金方法を徹底解説!

3位.金券買取EX

金券買取EXも優良なamazonギフト券買取サイトの1つです。ギフトグレースや買取ボブと同じように楽天ポイントギフトカードの買取も受け付けています。

営業時間は、19時までです。1万円を下回る額面の楽天ポイントギフトカードの換金には、振込手数料が必要です。ですが、ギフトグレースや買取ボブと同じくらいの買取率を提示しています。

関連記事:「金券買取EXの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい魅力5選と4つのデメリット

楽天ポイントギフトカードが換金できるギフト券売買サイト3選

ギフト券売買サイトで楽天ポイントギフトカードを換金するならサイト選びにはこだわりましょう。

手数料の安さは大切です。ですが手数料の低い売買サイトは、利用者が少なく過疎化している恐れがあります。利用者がいなければ、いくら安くしてもギフト券は売れません。

楽天ポイントギフトカードを換金するなら、利用者が多い大手の売買サイトを利用したほうが確実です。大手なら、売れるまで早いですし、保証もしっかりしていて安心感があります。

1位.ベテルギフト

ベテルギフト-ギフト券売買サイト-top

ベテルギフトは、ギフト券買取サイトのギフトグレースが運営している売買サイトです。最近急激に利用者数を伸ばしている中国の売買サイトです。

出品されるギフト券の量は、後述するすアマテンやギフティッシュより少し少ない印象です。

ベテルギフトの魅力は、手数料が大手なのに安いことです。さらに、ギフトグレースが楽天ポイントギフトカードの買取に力を入れているため、楽天ポイントギフトカードの取引量だけは、アマテンとギフティッシュより大量です。

楽天ポイントギフトカード以外の電子ギフト券は、アマテンやギフティッシュより売れるまで時間がかかります。ですが楽天ポイントギフトカードだけは、注目度が非常に高く、他の売買サイトより素早く高く換金できます。

>>ベテルギフトの公式サイトを確認する

関連記事:「ベテルギフトはギフト券を安全に割引き購入できる売買サイトなのか検証!

2位:amaten(アマテン)

アマテン(amaten)-ギフト券売買サイト-top

浜店は国内で最大手のギフト券売買サイトです。取引される電子ギフト券の量は他を圧倒しています。アマテンで売れないギフト券は、どの売買サイトでも売れないと考えて間違いありません。

利用者の多さから、売れるまでが早いのがメリットです。ですが、他の出品者より高い値段設定をすると売れ残ってしまいますので注意してください。

アマテンのデメリットは、手数料が割高な点です。とくに出金手数料は、499円かかります。他の売買サイトは300円が相場です。額面金額が5万円以上と高額なら、検討する価値は十分にあります。

>>amaten(アマテン)の公式サイトを確認する

関連記事:「amaten(アマテン)は割安で購入できるギフト券売買サイトなの?取引のリスクとメリットを調査!

3位:Giftissue(ギフティッシュ)

ギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」

ギフティッシュは、アマテンとベテルギフトを足して2で割ったようなギフト券売買サイトです。

利用者数は、アマテンよりは少ないですが、ベテルギフトよりは多いです。ただし、楽天ポイントギフトカードに限っては、ベテルギフトの利用者数が一番です。

手数料は、ベテルギフトよりは高いですが、アマテンよりは安いです。ギフティッシュは良くいえばバランスが良い、悪くいえば特徴に乏しい売買サイトです。

ベテルギフトとアマテンを検討してみて、もっと他の売買サイトを確認したいなら、ギフティッシュもあわせて検討してみてください。

ギフティッシュの公式サイトを確認する

関連記事:「ギフティッシュ(Giftissue)は安い手数料で安全にギフト券の購入や売却できる売買サイトなのか徹底調査!

「楽天ポイントギフトカードを換金する方法と高額買取のギフト券買取サイトは?」まとめ

楽天ポイントギフトカードを換金する方法は、複数あります。このページで紹介している換金手段なら、どの方法でも問題なく現金化できるはずです。

最近は、楽天ポイントギフトカードの人気が高まっていて、ギフト券買取サイトの買取率が上昇しています。

換金方法に迷ったら、ギフト券買取サイトの買取率を確認してみてください。買取サイトは他の手段と比較して、手間がかからず楽に素早く換金できるというメリットもあります。

ギフト券買取サイトのギフトグレースを中心として、楽天ポイントギフトカードの換金方法を検討すると損しません。

>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

 

 

追加情報

楽天ポイントギフトカードを安く購入する方法

楽天ポイントギフトカードはコンビニなどの店舗で購入できます。ですが、価格は1ポイント=1円の定価で販売されています。

少しでも安く楽天ポイントギフトカードを購入したいならギフト券売買サイトの利用がおすすめです。確実に定価より安く購入できます。

楽天ポイントギフトカードを格安で購入できるギフト券売買サイトTOP3

ギフト券売買サイトでは、楽天ポイントギフトカードだけでなく、Amazonギフト券やiTunesカード。Google Playギフトカードなど様々な種類の電子ギフト券の売買が行われています。

ギフト券売買サイトで楽天ポイントギフトカードを購入するなら、どの売買サイトでも良いわけではありません。

選ぶ基準は2つあります。1つめのポイントは、楽天ポイントギフトカードが出品されていること。売ってなければ買えませんからね。

2つめは、保証がしっかりしていることです。数千件の取引に1回くらいの確率ですが、使えない不正ギフト券を購入してしまうリスクがあります。

万が一、不正ギフト券を購入してしまっても返金保証があれば、安心です。

上記2つのポイントを考慮すると、購入に適したギフト券売買サイトは、ベテルギフトとギフティッシュの2つに絞られます。

どちらも、楽天ポイントギフトカードが出品されています。とくにベテルギフトは、運営元のギフトグレースが楽天ポイントギフトカードに注力しているので、出品料が豊富です。

返金保証は、どちらのギフト券売買サイトにもあります。最大30日間以内なら、使えない電子ギフト券を購入してしまっても返金保証が受けられます。

ベテルギフトの詳細を確認する
(このページの該当箇所へスクロールします↑↑)

ギフティッシュ詳細をを確認する
(このページの該当箇所へスクロールします↑↑)