ギフティッシュ(Giftissue)は安い手数料で安全にギフト券の購入や売却できる売買サイトなのか徹底調査!

ギフティッシュ(Giftissue)-ギフト券売買サイト-top

ギフティッシュをはじめとしたギフト券売買サイトでは、amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードなどの電子ギフト券の売買ができます。

さらにギフティッシュでは、図書カードやQUOカード、デパートの商品券、航空会社の株主優待券など金券ショップで取り扱うような商品券も売買できます。

安全性が高く返金保証も充実しているので、安心して利用できます。

ギフティッシュは、購入と売却の両方に適した優良なギフト券売買サイトです。

このページでは、ギフティッシュ(Giftissue)についてメリットやデメリット、口コミでの評判、サービス内容を紹介しています。利用を検討しているなら、参考にしてもらえればと思います。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認する

▼▼▼ギフト券の割安価格の情報はコチラ



目次

ギフティッシュは大丈夫なの?安全性を運営体制から徹底検証

ギフト券売買サイトでギフト券を売買するには、信頼できる運営体制で営業しているサービスを利用しないと危険です。

ギフト券を売りたい出品者は、ギフト券のコード番号を提示します。安くギフト券を購入したい購入者は、あらかじめ金額をチャージしないと利用できません。

売買の間という限られた短時間ですが、ギフト券やお金を預けておかないと売買サイトは利用できません。信頼できない会社だと、紛失や持ち逃げなどのリスクがあります。

サービス名称 Giftissue
URL https://giftissue.com/
会社名 株式会社DAYNEEDS
所在地 東京都新宿区西新宿1丁目3-13 ZenkenPlazaⅡ 10F
古物営業許可 東京都公安委員会 第305491408223号

ギフティッシュ(Giftissue)は、しっかりとした企業が運営しています。同じ運営会社が、ギフト券買取サイトの「金券買取EX」も運営しています。

金券買取EXは、ギフト券を高く早く簡単に現金化できると評判が良いギフト券買取サイトです。ギフティッシュと比較すると、換金できるギフト券の種類は少ないです。ですが、amazonギフト券かiTunesカード、Google Playギフトカードを換金したいならおすすめです。

関連記事:「金券買取EXの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい魅力5選と4つのデメリット

ギフティッシュへの問い合わせ先は?電話番号とメールアドレスの情報

電話番号-連絡先が分かると安心

問い合わせは、ギフティッシュ(Giftissue)の公式サイトにある問い合わせフォームから行えます。

ギフティッシュの連絡先

  • 電話番号→03-6304-5236
  • 問い合わせフォーム→https://giftissue.com/ja/contact/

公式サイトには、連絡先の情報がしっかりと掲載れています。電話番号を公表してないギフト券売買サイトもあります。連絡がとれるギフティッシュの信頼性は高く、安心して利用できます。

営業時間は土日・祝祭日もギフト券の売買OK!だだし出入金の時間には注意!

営業時間-土曜日-日曜日-祝祭日-カレンダー
ギフティッシュ(Giftissue)は、年中無休でいつでもギフト券の出品や購入ができます。WEB上のサービスなので、営業時間を気にする必要はありません。

ですが、注意したい点があります。ギフト券の購入には、事前にお金を銀行振込かコンビニ支払いでチャージしておく必要があります。また、ギフト券の販売益を引き出すのに銀行を利用します。

金融機関を利用する場合、それぞれの金融機関の営業時間によって、口座やギフティッシュのアカウントへの反映時間が変わります。平日の9:00〜15:00以外や土日・祝祭日は、銀行の翌営業日に反映となる可能性があります。

土日や夜間にギフト券を購入するなら、事前に金額をチャージしてきおくと確実です。ギフト券を換金したいなら、ギフト券買取サイトの利用もおすすめです。

amazonギフト券を中心にGoogle Playギフトカード、iTunesカードの3種類の現金化に限られますが、申し込みだけで24時間年中無休、即日中に高額買取できます。

関連記事:「amazonギフト券の買取サイト6選!高額に換金できる買取業者ランキング【2019年最新版】

関連記事:「amazonギフト券の換金サポート | 買取金額の見積もりシュミレーション

運営体制は信用でき、安心して利用できるギフト券売買サイト

安心-安全性-信頼感

ギフト券売買サイトとして、ギフティッシュ(Giftissue)の運営体制は満点です。ここまでしっかりとした運営体制のギフト券売買サイトは、他にはありません。

ギフト券売買サイトを利用してギフト券の購入や出品を行うなら、ギフティッシュは安心して利用できる優良なサービスです。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認する

ギフティッシュの評判は?口コミを調査

口コミ-評価-評判-星5

ギフティッシュ(Giftissue)の口コミでの評価を調査しました。5ch(2ch)とYhoo!知恵袋にギフティッシュに関する情報がないか調べました。Yahoo!知恵袋には、ギフティッシュ利用者の書き込みは見つかりませんでした。

5chには、複数の利用者の方の書き込みを発見できました。口コミだと、騙されたという内容はありません。アマテンと並ぶ大手のギフト券売買サイトとして、利用者が多いので売れるまでは早いとのことです。

ギフティッシュは評価の高い優良なギフト券売買サイト

ギフティッシュ(Giftissue)を口コミサイトで調べると、悪質な業者でないことが分かります。

ただしギフティッシュに限りませんが、ギフト券売買サイトの利用にはリスクがあります。トラブルの発生時は、基本的に出品者と購入者との間で解決する必要があります。

ですがギフティッシュは、返金保証がしっかりしています。ギフト券売買サイトのなかでも安全な業者と言えます。

ギフティッシュで発生するトラブルと返金保証は?ギフト券売買サイトの利用時に起こる問題について

ギフト券の購入時ですが、有効でないギフト券を購入してしまうリスクがあります。

ギフト券売買サイトでamazonギフト券などを購入したら、ギフト券をアカウントに登録します。ギフト券の額面通りの残高が、アカウントに反映されれば有効なギフト券です。

ですがごく稀に、無効なギフト券が出品されているケースもあります。

ギフト券売買サイトで低確率で起こる2つのトラブル

  • 無効ギフト(エラー)の購入リスク
  • 不正ギフト券の購入リスク

そもそも登録できない無効ギフトを購入してしまうリスク。登録はできたが、後からアカウントの残金が凍結される不正ギフト券を購入してしまうリスクがあります。

ですが、安心してください。ギフティッシュはどちらの状況でも返金保証があるので安全に利用できます。

使用済みの無効なギフトカードを購入しても、返品申請で返金できる

ギフティッシュ(Giftissue)でギフト券を購入したら、すぐにアカウントへ登録しましょう。amazonギフト券ならamazonのアカウントにiTunesカードならiTunesのアカウントにギフト券のコード番号を入力してください。

コード番号を入力して、購入したギフト券の額面通りの金額がアカウントにチャージされたらOKです。ですが、間違いないく番号を打ち込んだにも関わらず、アカウントへ反映されないことがあります。

反映されないギフト券は、無効なギフト券です。購入後、30分以内に「無効報告」を行ってください。無効なギフト券だとわかれば、購入金額は返金されます。

30分を過ぎると、無効なギフト券だと分かっても返金できません。必ず購入したギフト券は、30分以内に該当のアカウントへ登録して残金に反映される確認しましょう。

出品されるギフト券の一覧では、ギフト券の情報以外に出品者の情報も分かります。過去の出品件数と無効ギフト券が出品された実績の割合が表示されています。最低でも取引成立の確率が、99%以上の出品者から購入しましょう。

後から残金が凍結される不正ギフト券は返金保証があるので安心

ギフティッシュ(Giftissue)で登録できないギフト券は、30分以内に無効申請を行えば返金できます。これは、ほとんどのギフト券売買サイトで行われている保証です。

ですがギフト券売買サイトのトラブルは、無効なギフトカードだけではありません。

アカウントに登録できたのに、後日になってアカウントの残高が凍結されて利用できなくなるギフト券もあります。

不正ギフト券とも呼ばれ、ほとんどのギフト券売買サイトで保証の対象外になります。

ギフティッシュなら、不正ギフト券を購入してしまっても大丈夫です。30日以内なら、返金保証が受けられます。

不正ギフト券を購入する確率は、0.1%以下です。少ない確率で起こるアクシデントにも、保証がしっかりしていて安心感があります。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認する

利用の際の注意点:ギフティッシュは買取していません、売買の仲介を行っています。

ギフティッシュで出品するなら気に留めておいて欲しいことがあります。ギフティッシュは、買取業者ではありません。あくまで売買の仲介を行うwebサービスです。

売買サイトは、自分で販売価格を決められるメリットがあります。ですが購入希望者が現れなければ、いつまで経ってもギフト券を換金できません。

購入希望者は、不正ギフト券や無効なギフト券を購入するリスクがあります。もちろん、出品者にもリスクがあります。間違いないく正しいギフト券を出品しても、悪質な購入者に無効報告を行われ、入金されず評価を落とされてしますなどのトラブルも耳に入ってきます。

素早く換金したい、簡単にギフト券を現金化したい、このような希望があるならギフト券買取サイトも有効な選択肢になります。

取り扱うギフト券は、amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードの3種類です。取り扱いの種類は少ないですが、簡単に換金できます。買取率は、ギフト券売買サイトと比較してあまり変わりません。

オススメのギフト券買取サイト

amazonギフト券を換金するなら
「ギフトグレース」か「買取ボブ」がオススメ
iTunesカードを換金するなら
「買取ボブ」か「ギフトグレース」「金券買取EX」がオススメ
Google Playギフトカードを換金するなら
「買取ボブ」か「ギフトグレース」「金券買取EX」がオススメ

関連記事:「買取ボブの買取率は?遅い?安全?評判は?8つの特徴を徹底解説!
関連記事:「ギフトグレースの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい魅力6選と重大なデメリット
関連記事:「金券買取EXの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい魅力5選と4つのデメリット

ギフティッシュの手数料

ギフティッシュ(Giftissue)を含め、ギフト券売買サイトは主に手数料で収益を上げています。

私たち利用者が売買サービスを選ぶ際には、安全性も大切ですが手数料も重要な検討項目になります。

ギフト券売買サイトの手数料は2種類あります。

ギフティッシュの手数料

出品手数料:2%
出品したギフト券の額面金額の2%が手数料として発生します。売れなければ出品手数料はかかりません。
引き出し手数料:270円
販売金額やチャージ金額の出金にかかる手数料です。1回の引き出しに対して、一律270円が発生します。

出品時は2種類の手数料が発生します

ギフティッシュ(Giftissue)でギフト券を出品して販売できると、出品手数料が発生します。出品手数料は、額面の2%です。

ギフティッシュに出品すると、いくらで換金できるのか試算しました。ギフティッシュのamazonギフト券の相場は、額面金額の約90%です。額面金額が1万円のamazonギフト券をギフティッシュに出品した場合を想定して、シミュレーションします。

例:1万円のamazonギフト券を90%の販売率で出品して売れた場合
①10,000円(amazonギフト券の額面) × 90%(販売率) = 9,000円(出品価格) →

→②9,000円(出品価格) – 200円(出品手数料:1万円の2%) = 8,800円(販売益)

販売できた価格から出品手数料が差し引かれます。さらに、ギフト券の売上の出金時に引出手数料が発生します。1回の出金につき一律270円が必要です。

例:90%の販売率で売れた1万円分のamazonギフト券のお金を出金
8,800(販売益) – 270円(出金手数料) = 8,530円(換金額)

出金申請すると、登録しておいた金融機関の口座へ換金金額が入金されます。

ギフト券の購入の手数料は無料ですが注意点あり

出品時には、出品手数料が発生します。ですが購入時は、購入手数料がかかりません。

ただし、引出手数料が発生することがあります。購入時には、あらかじめギフティッシュのアカウントに金額をチャージしておく必要があります。私たちユーザーは、チャージしてある金額の範囲内でギフト券を購入します。

チャージしてある金額とぴったりの価格のギフト券を上手く購入できれば良いのですが、チャージ金額が余ってしまうこともあります。

再度、ギフティッシュで割安なギフト券を買う予定があれば、そのままチャージしておけば大丈夫です。ですが購入予定がなければ、出金したい思います。

出金する場合には、270円の引出し手数料が発生します。購入するギフト券とチャージ金額を上手く調整して、手数料がかからないようにしたいですね。

振込手数料が発生することがあります

ギフティッシュ(Giftissue)のアカウントに購入用の金額をチャージする場合、金融期間ごとに定められた振込手数料が発生する可能性があります。

ギフティッシュの振込先の金融機関

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

同じ銀行同士なら振込手数料が無料になったり、お手持ちの銀行口座によっては、毎月数回は手数料が無料で利用できたりと様々な条件があります。

お手持ちの口座や振込先の金融機関を確認しながら、お得にチャージできる方法を選択してください。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認

ギフティッシュはamazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードなど数十種類のギフト券の売買に対応

ギフティッシュ(Giftissue)-換金と購入ができるギフト券の一覧

ギフティッシュの取り扱いギフト券の一覧
  • Amazonギフト券
  • 楽天ポイントギフトカード
  • iTunesギフトカード
  • AppleStoreギフトカード
  • GooglePlayギフトカード
  • LINEプリペイドカード・ギフトコード
  • nanacoギフト
  • NET CASH(ネットキャッシュ)
  • ANA株主優待券
  • JAL株主優待券
  • スターフライヤー株主優待券
  • WebMoneyギフトカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • プレイステーションストアカード
  • Mobageモバコインカード
  • GREEプリペイドカード
  • honto電子書籍クーポン
  • DMMプリペイドカード
  • DMMポイントコード
  • ビットキャッシュ(BitCash)
  • レコチョクプリペイドカード
  • Windowsストア/XBOXプリペイドカード
  • Skypeプリペイドカード
  • バナコインプリペイドカード
  • Amebaプリペイドカード
  • NIKEギフトカード

ギフティッシュなら、数十種類のギフト券の売買を行えます。他のギフト券売買サイトと比較して、購入や売却できるギフト券の種類が豊富です。

amazonギフト券や楽天ポイントギフトカード、iTunesカード、Google Playギフトカード、航空会社の株主優待券などの電子ギフト券は、コード番号の売買を取引を行います。

ギフティッシュなら、図書カードやQUOカード、各デパートの商品券などの紙券の商品券も割安購入できます。商品券を買うと、指定の住所へ郵送で届きます。現物の紙券が必要な金券を取り扱っているギフト券売買サイトは少数です。 → 残念ながら、郵送商品は取扱を終了してしまいました。

取扱を中止した商品券の一覧
  • ピーチポイント
  • 図書カードネクスト
  • 全国百貨店共通商品券
  • JTB旅行券(ナイストリップ)
  • 近畿日本ツーリスト旅行券
  • ジェフグルメカード
  • JCBギフト券
  • VJAギフトカード
  • UCギフトカード
  • 三菱UFJニコスギフトカード
  • 三越商品券
  • 高島屋商品券
  • ルミネ商品券
  • パルコ商品券
  • こども商品券
  • セブン&アイ商品券
  • びゅう商品券
  • ダイエーグループ商品券
  • QUOカード
  • ユニー商品券
  • 花とみどりのギフト券
  • JTBナイスギフト
  • イオン商品券

売買できる商品券の種類は減りましたが、それでも多くの種類のギフト券を取り扱っています。ギフティッシュは、豊富なラインナップが魅力的なギフト券売買サイトです。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認

ギフティッシュの使い方は簡単

ギフティッシュ(Giftissue)-ログイン画面

ギフティッシュは手軽に利用できるギフト券売買サイトです。

購入・出品とも利用には、アカウントの作成とSMSでの本人確認からスタートします。

登録してアカウントを作成しマイページへログイン

ギフティッシュ(Giftissue)-会員登録-入力フォーム

公式サイトにある「新規登録」ボタンをクリック(タップ)します。新規登録の画面では、メールアドレスの入力からスタートします。

メールアドレスを入力して、ボタンを押すとアカウント登録画面に移ります。

アカウントの登録画面にある必須の入力項目へ必要事項を打ち込んでいきます。

入力項目の詳細
  • 姓名
  • 姓名(ふりがな)
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 秘密の質問:一覧から選択。パスワード忘れた場合に使います
  • 回答:選択した質問の答えを入力
  • パスワード:8文字以上 半角英字と半角数字を1文字以上含む
  • お知らせメール:必要なら「配信を希望する」にチェック
  • 利用規約に同意:利用規約に同意したならチェックします

新規登録の画面内にある必要事項を入力できたら、「入力内容の確認へ」ボタンを押してください。内容を確認して、間違いがなければ「会員登録」を押します。

入力していたメールアドレスあてにギフティッシュからメールが届いているはずです。

メールアドレスが有効であることを伝えるため、メールにあるURLをクリックしてください。クリックすると、SMS認証画面に進みます。

24時間以内にURLをクリックしないと、登録期限超過になります。有効期限を過ぎてしまうと、ギフティッシュの登録画面から再び必要事項を入力する必要があります。

※メールが届いていなければ、登録時に入力したメールアドレスを間違えたか「@giftissue.com」のメールアドレスの受信を拒否している恐れがあります。メールの設定を確認してみてください。

利用にはSMSでの本人確認が必要

携帯電話番号を、入力フォームに打ち込んでください。

入力した携帯あてに、SMSでメッセージが届きます。SMSのメッセージに含まれる「認証キー」を入力すると、本人確認が終了します。

ギフティッシュは、身分証の提出が不要です。楽でいいですね。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認

ギフト券の買い方:購入代金の支払いはチャージしておいた残高から行います

アカウントを作成して、アカウントに購入用の代金をチャージしてください。

チャージした金額の範囲内のギフト券を購入できます。

アカウントへの購入代金のチャージは、銀行振込かクレジットカード、コンビニ入金から好きな方法を選べます。

※現在、クレジットカードを利用しての入金は停止中です。入金方法は、振込とコンビニ払いになります。

銀行口座をゆうちょ銀行や楽天銀行などの金融機関から振り込むと便利

ギフティッシュ(Giftissue)のアカウントへの入金に銀行振込を利用した場合、振込先を複数の金融機関から選択できます。

振込先の金融機関

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

これらのいずれかの金融機関の口座を持っていれば、同じ銀行同士の振込は、手数料が無料になったり安くなったりします。ネットバンクも楽天銀行と住信SBIネットバンクに対応しています。

ギフティッシュは、コンビニ支払いにも対応しています

すべてのギフト券売買サイトでは、ギフト券の購入費用を自分のアカウントへチャージ(入金)する必要があります。ギフティッシュ以外のギフト券売買サイトのチャージ方法は、銀行振込にしか対応していません。

ですがギフティッシュだけは、銀行振込だけでなくコンビニ入金にも対応しています。

会員登録を済ませてログインしたら、メニューにある「残高追加」を選びます。支払先にコンビニエンスストアを選択できます。

チャージする予定の金額を入力して、申請を行うと決済に関するメールが届きます。メールの案内を確認したら、コンビニへ行って支払い手続きをしてください。

振込(入金)金額の反映は遅くとも24時間以内、時間は支払い方法や金融機関、日時により変動

入金してアカウントに金額が反映されるまでの時間は、銀行振込で1時間以内が目安です。遅くとも24時間以内には、アカウントへ反映されます。

コンビニ入金だと、遅くとも2時間以内にはアカウントの残高への反映が確認できるはずです。待つのが嫌なら、あらかじめ入金しておくとイライラしませんね。

銀行振込には、注意点があります。金融機関の対応時間外に振込しても、アカウントへ反映されません。

銀行の一般的な営業時間は、平日のAM9:00~PM15:00です。この時間外の出入金は、銀行の翌営業日にならないと口座で反映されない恐れがあります。とくに金曜日の15時以降の手続きは、月曜日の9時以降にならないと、反映されないかもしれないので要注意です。

ですが、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行のいずれかの銀行なら、時間外でも対応していることもあります。詳細な時間は、各金融機関の公式サイトで確認できます。

その他の銀行でも、金融機関の公式サイトで他行あての振込時間やギフティッシュへ問い合わせをして、確認してみてください。お手持ちの口座によっては、夜間や土日祝日の振込に対応している可能性があります。

ギフティッシュは手数料は別途発生しますが、クレジットカードで支払いできました

アカウントの残高を追加するのに、クレジットカードを利用できます。できました。

ギフティッシュ(Giftissue)なら事務手数料が別途かかりますが、クレジットカードでギフト券を購入できます。

手数料は、入金した金額の7%がかかります。

※現在、クレジットカードでの残金追加はできません。入金方法は、銀行振込とコンビニ入金の2種類から選択できます。

購入時にトラブルを避けるための2つのチェックポイント

ギフティッシュ(Giftissue)-amazonギフト券の出品状況

ギフト券売買サイトでギフト券を購入すると、非常に低い確率で使えないギフト券を購入してしまう可能性があります。

ですがギフティッシュ(Giftissue)なら、返金保証制度があるので安心です。さらにトラブルが発生する確率も他のギフト券売買サイトと比較して少ないです。

ただし、返金保証があるといっても使えないギフト券を購入するリクスは避けたいです。購入時に少し気をつけるだけで、より確実に購入できます。

安全性を高める2つのチェックポイント

  • 出品件数を確認
  • 無効確率(取引成立の割合)を確認

ギフティッシュの公式サイトで掲載されている、販売されているギフト券の一覧から欲しい種類を選択します。選択すると、該当のギフト券の出品状況が確認できます。

それぞれのギフト券のページでは、額面、販売価格、販売率、有効期限、出品者実績と各項目があります。この中で出品者実績に注目してください。

出品者実績では、該当のギフト券の出品者がこれまでに何件のギフト券を出品したかの販売件数と無効なギフト券でなかった確率が表示されています。

例えば「1000件(99.9%)」と表示されていたら、これまで1000件のギフト券を出品してきて、999件は有効なギフト券だったと分かります。

購入するなら、出品件数が多い出品者で割合(%)の高い出品者から購入しましょう。

具体的には、出品件数は1000件以上です。割合は、件数が1万件未満なら99%以上、1万件以上なら97%以上です。

出品件数が多い出品者は、プロの業者です。個人の出品者と違い、トラブル発生時の対処が迅速です。スムーズかつ安全に取引できます。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認

ギフト券を売る(出品)する方法

ログインして、マイページからギフト券を出品します。

出品したいギフト券の額面金額や有効期限を入力し、販売率を設定します。ギフト券のコード番号も入力するのですが、間違えないように注意してください。

正しくないギフト券は、審査落ちになって出品できません。

ギフティッシュには、出品を行える専用アプリがあります。Web上で何回か利用してみて、ギフティッシュが使いやすいと感じたら、アプリから出品してもいいかもしれません。 →ギフティッシュのアプリは、サポートが終了しました。売買は公式サイトから行ってください。

ギフト券の審査落ちとは

ギフト券のコード番号を正しく入力しないと、審査落ちになり出品できません。

コード番号の打ち間違っているか過去に出品された履歴のあるコード番号のギフト券は、審査落ちの対象になります。

審査落ちは、打ち間違いをしているケースが多いと思います。なるべくコード番号は、コピーして貼り付けすると確実です。

出金したい、引き出しの方法と出金時間について

販売したギフト券の代金は、通常約1時間でアカウントへ反映されます。

もし、反映されないようなら出品ギフト券の状態を確認してください。状態が「販売済み」になってから1時間です。

引出しは、入金させる口座を指定し、引出し申請を行います。出金する場合、金融機関に関係なく一律で270円の手数料が発生します。

申請したのに口座へ反映されなければ、申請した時間が良くなかったのかもしれません。銀行の営業時間外は、翌営業日にならないと口座への入金を確認できないことがあります。

ギフティッシュ(Giftissue)に関するよくある質問と答え

ギフティッシュを利用するにあたって、疑問に感じるであろう質問とその答えをまとめました。気になる質問があれば、参考にしてもらえればと思います。

公式サイトにも充実したQ&Aのページがあります。もし、このページで不明点が解決しなければ、公式サイトも見てみてください。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認

ギフティッシュでのギフト券の相場と販売率は?

相場の価格と販売率は、常に変動しています。

安く購入したい方には嬉しいのですが、最近の傾向としてamazonギフト券を割安で購入しやすくなっています。額面より約10%も安い販売率で出品されているケースもあります。

購入のタイミングとしては、月初や5日、10日、15日、20日、25日、月末といった日付が狙い目です。特に月初や大型の休み前は、安く購入できるチャンスです。

反対に高く売りたい出品者は、この日付を避けると高く売りやすくなります。

出品したギフト券が売れるまで遅いの?売れない?

ギフティッシュ(Giftissue)は、大手のギフト券売買サイトです。他のギフト券売買サイトと比較して、売れるのが遅いことはありません。

ですが、販売価格が高ければ売れるまで遅くなりますし、高いと全く売れません。ギフト券に品質はありません。購入を決定する要因は、おもに価格面です。

他の出品者の価格を参考に、できるだけ価格を抑えて出品すると売れやすくなります。

アカウントにある残高に有効期限はあるの?超過について知りたい

ギフティッシュ(Giftissue)のアカウントにある残金には、有効期限があります。

3年間で一度も残高の増減がなければ、消滅してしまいます。金額に動きがあると、3年間のカウントが始まります。期間内に1円でも増減があれば、そこから3年間の計測開始です。

再び利用する予定がなければ、残高は使い切るか出金しておきましょう。

ギフティッシュの退会は退会申請から行います

今後、ギフティッシュ(Giftissue)を利用する予定がなければ、「退会申請」から退会できます。退会申請から「退会」ボタンを押すだけで、簡単に退会できます。

退会すると、過去の取引履歴などは参照できなくなります。アカウントが完全に削除されるので、再び利用するには新規登録が必要になります。

ハピタスやポイントタウンのようなポイントサイトを経由したほうがオトクなの

以前は、ポイントサイト経由でギフティッシュでギフト券の出品や購入をすると、ポイントが付与されていたようです。

ですが現在は、ハピタスやポイントタウンなどポイントサイトでの取り扱いは行っていません。

ギフティッシュでギフト券を転売できるの?

ギフティッシュで売れたギフト券の代金で別のギフト券は購入できません。

ギフティッシュは、ギフト券を割安で購入できます。ですが、購入したギフト券を買取サイトやオークションサイトで転売する方法もおすすめしません。

転売する場合、ギフト券の有効確認が30分以内に行えません。悪意のある出品者は、売れた30分後に出品したギフト券を自分のアカウントに登録しようとします。

仮に転売しても、一件あたり1〜5%くらいしか儲かりません。もし一件でも無効なギフト券を購入してしまうと、損失が利益を簡単に上回ります。稼ぐには、リスクの高い方法だということが分かります。

ギフティッシュにデメリットはあるのか?比較しました

大手のギフト券売買サイトとして評判の良いギフティッシュ(Giftissue)ですが、他のギフト券売買サイトなどと比較してデメリットはあるのでしょうか。

同じく大手のギフト券売買サイトの「アマテン」と「ベテルギフト」、最大のオークションサイトの「ヤフオク」、優良なギフト券買取サイトと比べてみました。

結論からいうと、状況によって変わってしまいます。それぞれのシチュエーションで最適な手段を紹介します。

安く安全にギフト券を購入するなら、価格が安く保証の充実している「ギフティッシュ」か「ベテルギフト」がおすすめ。

amazonギフト券かiTunesカード、Goolge Playギフトカードを換金するなら、即日・簡単・高額なギフト券買取サイトの「買取ボブ」がおすすめ。

上記の3種類以外のギフト券を換金するなら、利用者が多いギフト券売買サイトの「ギフティッシュ」か「アマテン」がおすすめ。

ヤフオクを利用してギフト券の売買を行うメリットはありません。

それぞれのサービスを比較すると、ギフティッシュはバランスが良いサービスと言えます。ですがバランスが良いぶん、少し器用貧乏な印象も受けます。

関連記事:「iTunesカードの買取率が高い買取サイト3選と換金する3つの方法

関連記事:「Google Playギフトカードの買取率が高い買取サイトBEST3と換金する3つの方法を比較

アマテンよりは安全に買えるが、売れるまでは遅いかも?

ギフティッシュ(Giftissue)-アマテン(amaten)-比較

amaten(アマテン)は、最大手のギフト券売買サイトです。ギフト券の流通量は、国内最大です。利用者が多いので、ギフティッシュより売れるのが早いです。

ですが、購入には少し注意が必要です。ギフティッシュと同様に無効なギフト券を購入してしまうリスクがあります。アマテンも保証制度はありますが、期間が短いです。

まず大丈夫だと思います。ですが不安があれば、ギフト券の購入はギフティッシュを利用しましょう。

関連記事:「amaten(アマテン)はamazonギフト券が安く購入できるけど、詐欺サイトの可能性があるの?

ベテルギフトよりは早く売れるが、出品手数料は高いかも?購入もオススメ

ギフティッシュ(Giftissue)-ベテルギフト-比較

ベテルギフトは、急成長しているギフト券売買サイトです。運営会社のノア商社は、amazonギフト券買取サイトのギフトグレースも運営しています。

ギフトグレースは、amazonギフト券を高く換金できる優良な買取サイトとして定評があります。

ベテルギフトも高額換金にこだわりがあります。利用者はギフティッシュと比較して少ないですが、出品手数料が安いです。

出品されているギフト券の販売価格は、ギフティッシュと同じくらいです。返金保証がしっかりしており、安心して利用できます。欲しいギフト券があるなら、ギフティッシュと比較して安いほうで買うと損しません。

関連記事:「ベテルギフトはamazonギフト券を安全に割引き購入できるギフト券売買サイトなのか検証!

ヤフオクよりは安く購入できますし、早く売れます

ギフティッシュ(Giftissue)-ヤフオク-比較

ヤフオクでもamazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードとはじめとした各種の電子ギフト券の売買が行われています。

ですが、ヤフオクの利用はおすすめできません。購入と売却のどちらも適していません。

出品には、約10%の手数料が発生します。手数料が高額なので実質の手数料は、ギフト券売買サイトや買取サイトと比較して大幅に下がります。

手数料が高額なので、出品価格も高額です。ギフティッシュと比較して、割高になります。

ギフト券買取サイトを利用すると、条件によっては高く簡単に素早く換金できます

買取サイトでは、ギフト券の購入はできません。ですが、換金にはおすすめの方法です。

対応しているギフト券は、「amazonギフト券」「iTunesカード」「Google Playギフトカード」の3種類に限られます。

ですが簡単な申し込み(ギフティッシュの新規登録くらいの手間)だけで、即日中に高額換金できます。

出品する手間もありませんし、売れるまで待つ必要もありません。買取率は、ギフティッシュの平均的な販売率と同じくらいです。

関連記事:「買取ボブの買取率は?遅い?安全?評判は?8つの特徴を徹底解説!

「ギフティッシュ(Giftissue)は安い手数料で安全にギフト券の購入や売却できる売買サイトなのか徹底調査!」まとめ

ギフティッシュは、ギフト券の購入と換金のどちらもバランス良く行える優良な売買サイトです。

割安にギフト券を購入したいなら、利用して間違いありません。返金保証も充実していますからね。

ギフト券の換金に関しては、「amazonギフト券」「iTunesカード」「Google Playギフトカード」のどれかならギフト券買取サイトのほうが便利に利用できます。

他のギフト券の出品なら、ギフティッシュは取り扱いしている種類が多く利便性の高い売買サイトです。

あなたの状況に応じて、利用を検討してみてください。ギフティッシュは、サービスのバランスが非常に良いです。利用して後悔することはありません。

>>ギフティッシュの公式サイトを確認する