アマギフト(AmaGift)の評判と安全性を徹底検証!安心してギフト券を売買できるの?

アマギフト-ギフト券売買サイト-top

アマギフト(AmaGift)は、Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードの売却や購入が行えるギフト券売買サイトです。

このページでは、アマギフトの安全性やサービス内容の詳細、口コミでの評判・評価を徹底的に調査しています。アマギフトの利用を検討しているなら、参考にしてもらえればと思います。

結論としては、Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードなら出品数が豊富で割安で購入できます。ただし取り扱っているギフト券の種類が少ないので、出品して換金するに向いていないこともあります。換金する場合の状況に合わせて適切な手段も紹介しています。

目次

アマギフトは安全に利用できるのか?運営体制を徹底確認

ギフト券売買サイトは、Amazonギフト券など各種の電子ギフト券を安く買いたいユーザーと高く売りたいユーザーとを結びつけるサービスです。

私たちユーザーにとって、ギフト券が安く買えるのか高く売れるのかは非常に重要です。ですが、事前に利用を検討しているギフト券売買サイトの安全面を確認しておきましょう。

ギフト券売買サイトでギフト券を購入する場合、自分のアカウントにお金をチャージ(入金)しておく必要があります。出品して換金する場合にも、電子ギフト券の情報を送らなければなりません。売買の時間は短期間ですが、売買サイトに預けておく必要があります。信頼性の低い業者だと、持ち逃げや紛失のリスクが高まります。

アマギフトの運営情報

サービス名称 AmaGift(アマギフト)
URL https://ama-gift.com/
会社名 お魚通販.com株式会社
所在地 東京都町田市原町田2丁目3-1
古物営業許可 東京公安委員会許可店第308841707262

アマギフト(AmaGift)は、鮮魚などの通販事業を行う「お魚通販.com株式会社」が運営を行っています。鮮魚のネット通販以外にギフト券買取サイト「買取ボブ」も運営しています。

買取ボブは、Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードを高い買取率で早く換金できることに定評のある業者です。ギフト券の買取や販売に必要な許認可である古物商の営業許可も取得しています。

アマギフトは、電子ギフト券の取り扱いノウハウが豊富で実績のある企業が運営しています。安全で信頼性の高い運営体制で営業されていると考えられます。

関連記事:「買取ボブの買取率は?遅い?安全?評判は?8つの特徴を徹底解説!

アマギフトの問い合わせ先の電話番号とメールアドレス

電話番号-連絡先が分かると安心

問い合わせは、アマギフト(AmaGift)の公式サイトにある電話番号や問い合わせフォームから行えます。

アマギフトの連絡先

  • 電話番号→042-732-3593
  • 問い合わせフォーム→https://ama-gift.com/contact/

アマギフトの公式サイトには、電話番号やメールアドレスといった各種の問い合わせ先をしっかりと掲載しています。ギフト券売買サイトによっては、電話番号を公表していないこともあります。

アマギフトの電話での受付時間は、9時から19時までで年中無休です。しっかりと連絡が取れるアマギフトは、信頼性が非常に高く、安心して利用できます。

売買は24時間年中無休だが、出入金は銀行の営業時間に注意

営業時間-土曜日-日曜日-祝祭日-カレンダー

アマギフト(AmaGift)なら、電子ギフト券の売買を年中無休24時間いつでも行えます。取引は、web上で行います。営業時間を気にしなくて良いのは、便利ですね。

ただし、出入金には注意が必要です。ギフト券の購入時は、自分のアカウントへ事前に購入に必要な金額をチャージ(入金)しておきます。チャージは、銀行振込で行います。アカウントに振込金額が反映される時間は、銀行の営業時間によって変わります。24時間いつでも即時反映される銀行もあります。ですが土日や平日の15時以降は、銀行の翌営業日にならないと反映されないこともあります。

すぐにアマギフトでギフト券を購入したければ、アマギフトの指定銀行の口座から振り込みましょう。ジャパンネット銀行かゆうちょ銀行から振り込み手続きを行えば、アカウントへ即時で入金額が反映されます。

ギフト券を出品して販売したお金の出金も入金と同じです。ゆうちょ銀行かジャパンネット銀行へ振り込むよう手続きを行えば、即時に口座へ反映されます。

Amazonギフト券などを換金する場合には、専門のギフト券買取サイトの利用も適しています。年中無休・24時間いつでも、申し込みだけで即日換金できる業者もいくつかあります。アマギフトの運営会社が営業している「買取ボブ」も24時間・年中無休で営業している優良な買取サイトです。

関連記事:「amazonギフト券の買取サイト6選!高額に換金できる買取業者ランキング【2019年最新版】

関連記事:「amazonギフト券の換金サポート | 買取金額の見積もりシュミレーション

アマギフトは信頼性の高い運営体制で安心感のあるギフト券売買サイト

安心-安全性-信頼感

ギフト券売買サイトのなかでアマギフト(AmaGift)は、運営体制が非常にしっかりした業者といえます。多くのギフト券売買サイトがありますが、アマギフトより信頼性の高い業者はありません。

ギフト券売買サイトの利用を検討しているなら、安心して利用できるアマギフトを選んで間違いが起きることはありません。

アマギフトの評判を知りたくて口コミを調べました

口コミ-評価-評判-星5

アマギフト(AmaGift)の口コミでの評判を調査しました。Yahoo!知恵袋家や5ch(2ch)にアマギフトに関する書き込みがないのか調べました。

2ちゃんねるで、いくつかのアマギフトを利用した人の書き込みを発見できました。騙されたなどと言う内容はなく、安全に利用できるとの書き込み内容でした。

ただし、口コミの件数はかなり少ないです。ですがアマギフトと同じ運営会社が営業している、ギフト券買取サイト「買取ボブ」の口コミは非常に多く、評判もかなり良いです。

買取ボブの評判の良さを考えるとアマギフトも期待できます

買取ボブは、ギフト券買取サイトとして老舗のひとつです。Amazonギフト券だけでなく、iTunesカードやGoogle Playギフトカードの換金に対応しています。

買取ボブのメリットは、高い買取率と振込までの時間の速さです。買取ボブより高く換金できるギフト券買取サイトありません。振込までの時間は、公式サイトに常に最新の時間が表示されています。いつ売れるか分からない売買サイトより、安心して利用できます。

買取ボブの顧客へのサービスは、非常に優れています。買取ボブと同じ運営会社が営業しているアマギフト(AmaGift)もサービスレベルの高いギフト券売買サイトと考えられます。アマギフトのサービスが悪ければ、買取ボブの評判も落としてしまいますからね。

アマギフトで起こり得る2種類のトラブルと充実した返金保証

アマギフト(AmaGIft)に限らずギフト券売買サイトは、購入時に使えないギフト券を購入してしまうリスクがあります。

売買サイトでギフト券を購入したら、Amazonギフト券ならAmazonのアカウントへ、iTunesカードならAppleのアカウントにギフト券を登録します。購入したギフト券の額面金額と同じ金額が、アカウントへ反映されれば有効なギフト券です。

非常に少ない確率ですが、使えない無効なギフト券が出品されてしまっているケースがあります。

ギフト券売買サイトで低確率で起こる2つのトラブル

  • 無効ギフト(エラー)券の購入リスク
  • 不正ギフト券の購入リスク

使えないギフト券には、2種類あります。アカウントに登録できない無効ギフト券とアカウントへ登録できたが後から残高が凍結されてしまう不正ギフト券です。ですがアマギフトなら、どちらの場合にも返金保証があるので安心です。

無効なギフト券は、エラー報告で返金OK

アマギフト(AmaGift)でギフト券を購入したら、すぐにアカウントへ登録しましょう。通常だと、購入したギフト券の額面と同じ金額がアカウントへ反映されます。

ですが、稀にギフト券を登録できない場合があります。理由としては、出品者がギフト券の番号を間違えてしまったことが多いです。

もし登録できないギフト券を購入してしまったら、購入後の30分以内にエラー報告を行ってください。エラー報告を行えば、取引がストップし出品者へ購入金額が渡りません。

ただし30分を過ぎてしまうと、自動的に取引成立になります。必ず購入したギフト券は、すぐにアカウントへ登録しましょう。

不正ギフト券は30日間の返金保証があるので安心

アカウントへ無事にギフト券が登録できても、数日後に残高が没収されてしまうケースもあります。

これらのギフト券は、不正ギフト券と呼ばれています。不正ギフト券は、クレジットカードを使って支払われたギフト券で発生することがあります。クレジットカードでギフト券購入した出品者が、カード会社へ支払いをしないことでギフト券が凍結されてしまうのですね。

アマギフトなら、不正ギフト券を購入してしまっても30日間返金保証があります。アマギフトで購入したギフト券をアカウントに登録したのに、利用不可になったとアマギフトが確認できれば、返金の対象になります。

ただし、詳細の確認に時間がかかります。アカウントへギフト券を登録できたら、すぐに使い切ってしまいましょう。ギフト券を使ってしまえば、残高が凍結される心配もありません。

ギフト券を換金するときの売買サイトと買取サイトの違いを比較

Amazon ギフト券などの電子ギフト券の換金は、ギフト券売買サイトかギフト券買取サイトで行うのが一般的です。

売買サイトと買取サイトのそれぞれにメリットとデメリットがあります。

売買サイトのメリットとデメリット

売買サイトのメリットとデメリット
メリット

  • 出品価格を設定できる
  • 対応するギフト券の種類が豊富

デメリット

  • 手間と時間がかかる
  • 手数料は発生する

ギフト券売買サイトのメリットは、出品するギフト券の価格を自分で設定できる点です。ギフト券に品質は、関係ありません。額面金額に対する割引率だけで判断されます。相場より高い金額で出品しても、売れるまで数日から1週間の時間が必要だったり、売れなかったりします。うまくいけば、高い換金率でギフト券を現金化できます。

取り扱っているギフト券の種類が、ギフト券買取サイトと比較して豊富なのもメリットのひとつです。ギフト券買取サイトで対応していない、様々な種類のギフトカードの購入や販売ができます。

ギフト券売買サイトの一番のデメリットは、換金までに手間と時間がかかることです。会員登録の手続きや出品するギフト券の価格設定の手間がかかります。出品してから購入者が現れるまで時間もかかります。ギフト券が売れたら、自分の銀行口座へ入金する手続きも行なわなければなりません。

もう1つのデメリットは、手数料が必要なことです。ギフト券売買サイトで売れた金額は、そのまま手に入りません。ギフト券売買サイトは、手数料で利益を上げています。出品して売れたら、額面金額に対して一定の割合の手数料が発生します。さらに、売却金額を出金するときにも手数料がかかります。

買取サイトのメリットとデメリット

買取サイトのメリットとデメリット
メリット

  • 手間と時間がかからない
  • 高い換金率で手数料無料

デメリット

  • 対応するギフト券の種類が少ない

買取サイトのメリットは、買取率の高さと振り込みまでの早さです。さらに初回の利用なら、ギフト券売買サイトより高い買取率で換金できることがほとんです。優良な買取サイトなら、手数料もかかりません。ネット通販を申し込むぐらいの簡単な手続きで換金できるのも魅力です。申込後は、数10分で指定の口座へ買取金額が入金されます。

買取サイトのデメリットは、取り扱っているギフト券の種類が少ないことです。ほとんどの買取サイトは、Amazonギフト券の買取にしか対応していません。買取ボブなどの一部の業者は、Amazonギフト券の他にiTunesカードやGoogle Playギフトカードの買取にも対応しています。ですが、ギフト券売買サイトより対応できるギフト券の種類は少ないです。

ギフト券を換金する場合の使い分けとしては、Amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードに限りますが、急いでいるならギフト券買取サイトを利用しましょう。手数料の関係上、5万円未満の額面金額なら買取サイトの方が高く換金できる傾向にあります。

額面金額が5万円以上で時間に余裕があって、手間がかかってもいいなら、ギフト券売買サイトがオススメです。ギフト券買取サイトより少しだけ高く換金できます。

アマギフトの手数料

アマギフト(AmaGift)に限らず、ギフト券売買サイトを利用する場合、手数料が発生します。ギフト券売買サイトの手数料には2種類あります。

アマギフトの手数料

出品手数料:2%
出品したギフト券の額面金額に対して発生する手数料です。売買が成立しなければ発生しません
出金手数料:200円
アマギフとのアカウントにある残高を出勤するための手数料です。ギフト券の販売益や購入時に余った残金を出勤するのに必要です

アマギフトの手数料は、他のギフト券売買サイトと比較して平均的です。どの優良な売買サイトでも、出品手数料は約2%、出金手数料が約200円発生します。

この金額より少ない手数料のギフト券売買サイトがあっても、利用しないことをおすすめします。手数料の少ない売買サイトは、利用者も少ないです。利用者を増やすために手数料を下げて営業しているのです。手数料の少ないギフト券売買サイトに出品しても購入者は現れませし、安く購入することもできません。

ギフト券を出品して換金するには2つの手数料が必要

アマギフト(AmaGift)でAmazonギフト券を出品した場合の換金率をシミュレーションしました。アマギフトのAmazoギフト券の相場は、額面金額に対して約92%の販売率です。

シュミレーションでは、1万円のAmazonギフト券を92%の販売率で出品した場合の換金額を計算しています。

例:1万円のamazonギフト券を92%の販売率で出品して売れた場合
①10,000円(amazonギフト券の額面) × 92%(販売率) = 9,200円(出品価格) →

→②9,200円(出品価格) – 200円(出品手数料:1万円の2%) = 9,000円(販売益)

92%の販売率で取引が成立すると、そこから出品手数料として200円が差し引かれます。この時点で実質90%の換金率です。売れると、アカウントへ販売益がチャージされます。手元に現金として引き出すと、そこから出金手数料が差し引かれます。

例:1万円のamazonギフト券を92%で売ったお金を出金
9,000円(販売益) – 200円(出金手数料) = 8,800円(換金金額)

販売益を出金するために出金申請を行います。出勤申請をしてから、通常だと約30分で指定の口座へ入金が確認できます。1回の出金に対して、200円の出金手数料が必要です。出金はまとめて処理したほうが損しませんね。

1万円のAmazonギフト券をアマギフトに出品して現金化すると、8,800円が実際の換金額になります。換金率だと88%ですね。タイミングによっては、もっと高く換金できる可能性もあります。さらに高額なギフト券を出品する場合には、販売益に占める出金手数料の割合が減るので換金率は高くなります。

購入時の手数料は無料!だが残金には注意

アマギフト(AmaGift)でギフト券を購入する場合、手数料は無料です。会員登録も無料で出来ますし、購入にかかる手数料もありません。
ですが利用方法によっては、銀行を経由したお金のやり取りで手数料が発生してしまうことがあります。

入金時の振込手数料は自己負担

アマギフトでギフト券を買うには、事前にアカウントへ購入費用をチャージしておく必要があります。アカウントへのチャージは、銀行振込で行います。

金融機関によっては、振込手数料が発生します。発生した振込手数料は、自己負担になります。ただしアマギフトで取り扱いのある金融機関と同じ金融機関の口座からの振込なら、同行宛の振込になるので手数料が安くなります。

アマギフトの指定の金融機関

  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

アマギフトの指定銀行である、ジャパンネット銀行かゆうちょ銀行の口座を持っているなら、そこから振込み手続きを行うようにしましょう。メリットは、手数料が安くなるだけではありません。24時間いつでも即時でアカウントへ振込金額が反映されます。

他の金融機関だと、銀行の営業時間外は入金額が、すぐにアカウントへ反映されないこともあります。銀行の翌営業日の対応になってしまうのですね。他行宛の振込時間は、各金融機関の公式サイトで確認できます。ジャパンネット銀行とゆうちょ銀行の口座を持っていなくて、アマギフトでギフト券を購入するなら、金融機関の公式サイトで詳細な時間を確認しておくと確実です。

アマギフトは、Amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードの換金と割引購入に対応

アマギフト-amazonギフト券-iTunesカード-GooglePlayギフトカード-の売買に対応

アマギフト(AmaGift)は、安心できる信頼性の高い運営体制とギフト券を安く買えるのが魅力です。ですがデメリットもあります。アマギフトは、取り扱っているギフト券の種類が限られています。

アマギフトで売買できるギフト券は、Amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードの3種類だけです。この3種類は、電子ギフト券の中でも特に人気があります。人気の高いギフト券はしっかりと押さえているけど、細かい需要には対応していないところが、アマギフとのデメリットといえます。

Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードでない種類の電子ギフト券の売買を行うなら、他のギフト券売買サイトを利用しましょう。アマギフト以外のおすすめのギフト券売買サイトもこのページ内で後述ていますが、ベテルギフトやギフティッシュ、アマテンはギフト券の種類が豊富で運営体制も整っています。

アマギフト(AmaGift)の利用方法

アマギフト-会員ページ-マイページ-ログイン画面

アマギフト(AmaGift)の利用は、公式サイトで会員登録をすることから始まります。ギフト券の購入でも売却にも、会員登録をしてマイページへログインする必要があります。

アカウントを作成してマイページへログイン

アマギフト-会員登録-入力フォーム

公式サイトへアクセスしたら、会員登録のページへ進みます。会員登録の入力ホームで名前や連絡先などの必要事項を入力しましょう。

入力項目の詳細
  • お名前
  • ふりがな
  • ユーザー名
  • 生年月日
  • 電話番号(携帯電話のみ)
  • メールアドレス
  • パスワード(ログインに使います)
  • 利用規約に同意します:利用規約に同意したらチェックします

メールアドレスは、案内を受け取るのに利用します。迷惑メールなどの設定をしていると、受信できないことがあります。「@ama-gift.com」のアドレスは、受信できるように設定しておきましょう。

本人確認について

会員登録をするには、身分証などの本人確認書類の提出が必要です。身分証は、不正利用者を排除する目的で行っています。提出をしないとアマギフト(AmaGift)と利用できません。

ギフト券売買サイトの中には、身分証の提示が不要なサイトもあります。ですが、身分証の提示が不要な売買サイトの利用は危険です。不正ギフト券を購入してしまうリスクが高まります。

出品する場合でも、悪質な購入者にギフト券を買われてしまうリスクもあります。悪質な購入者は、ギフト券が有効なのにも関わらず、エラー報告をして料金を支払いません。まともに利用できなくなるリスクがあるので、ギフト券売買サイトを利用するなら、身分証の提示が義務付けられている業者を選択しましょう。

ギフト券はアカウントに入金(チャージ)して購入します

会員登録が完了したら、アマギフトのアカウントが発行されます。マイページへログインしてギフト券の購入や売却を行いましょう。

ギフト券の購入には、アカウントへ費用を入金する必要があります。マイページにあるチャージ申請で手続きをしてください。チャージ(入金)は、銀行振込のみです。クレジットカードには対応していません。

入金した金額は、基本的に即時アカウントへ反映されます。ジャパンネット銀行とゆうちょ銀行でない金融機関だと、銀行の営業時間外は、翌営業日にならないと反映されない場合もあるので注意してください。

振込にかかる手数料は、自己負担です。ゆうちょ銀行とジャパンネット銀行の口座から振り込めば、手数料が安くなります。持っていたら、積極的に利用するとお得ですね。

チャージ(入金)は、最低1,000円からで1円単位で行えます。

購入時にトラブルを避けるための2つのチェックポイント

アマギフトでAmazonギフト券などのギフト券を購入するなら、実績に注意してください。出品件数と取引成立の割合が記載されています。

安全性を高める2つのチェックポイント

  • これまでの出品件数を確認
  • 取引成立の割合を確認

実績の見方は簡単です。「△△(〇〇%)」の数字が、出品されるギフト券の一件ごとに記載されています。「△△」がこれまで、その出品者がアマギフトに出品したギフト券の総数件数です。数値が多いほど、大口の出品者になります。「〇〇%」は、取引成立の割合です。出品したギフト券でエラーが発生すると、割合(%)が低下します。

安全なのは実績の出品件数が多く、取引成立の割合が100%に近い出品者の出品しているギフト券です。気を付けるのは、相場より大幅に安い金額で出品されていて、出品件数が少ない出品者の出品しているギフト券です。購入を見送ったほうが無難です。実績が乏しく出品に慣れていない可能性もありますし、不正なギフト券を出品している恐れもあります。

アマギフトでギフト券を出品して換金する方法

購入と同様に会員ページへログインして、売却の手続きを行います。ギフト券の額面金額や有効期限、販売金額といった必要事項を入力していきます。販売価格は、額面金額より高い金額は入力できません。選択できるのは、額面金額に対して70%~99.9%の範囲内になります。

高く設定すると売れません。事前に出品状況を確認して、平均的な価格に設定しましょう。売れた金額から額面金額の2%が、出品手数料として差し引かれます。

アカウントにあるお金を出金する方法と反映時間

出金はマイページから、行出勤申請を行なってください。金額は、1円単位から指定できます。ですが、まとめて出金したほうが手数料を抑えられるので損しません。申請をしてから、通常で30分以内には口座へ入金が反映されています。

ただし入金と同様、銀行口座によっては銀行の翌営業日にならないと反映されません。また、夜間帯は時間がかかることもあります。できるだけ、日中に済ませておくと確実ですね。

アマギフトに関するよくある質問と答え

アマギフトに関して、よくある質問と答えをまとめました

アマギフトはギフト券をいつ高く売れるの?いつ安く買えるの?

電子ギフト券は、毎月の中で月初と5日、10日、15日などの5と10が付く日に出品数が多くなる傾向があります。給料日前や何らかの支払いの期日が、これらの日にあたるため、換金需要が高まるからです。

この時期に出品されるギフト券は、割引率が高くなる傾向にあります。割安で購入したいなら、この時期に出品状況を確認しましょう。反対に高く売りたい場合は、これらの月初や日付に5や10が付く日を外して出品すると、高く売れる確率が高まります。

ギフト券を出品して売れるまでは遅いの?

アマギフト(AmaGift)は、Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードが多く出品されています。大口の出品者が、多い印象です。これまでギフト券売買サイトを使って出品したことがなければ、アマギフトは、避けたほうがが良いかもしれません。プロが多くいるので、実績の少ないビギナーが出品しても、売れにくくなってしまいます。

これからギフト券売買サイトを利用してギフト券を換金したいと思っているなら、他のギフト券売買サイトのほうが、売れるまでの時間は速くなると思います。おすすめなのは、利用者数が日本で最も多いとされる「アマテン」の利用です。アマテンは、出品者数も購入者数も多くいます。初めての出品でも、アマギフトより早く売れる可能性は高いです。

関連記事:「amaten(アマテン)は割安で購入できるギフト券売買サイトなの?取引のリスクとメリットを調査!

アカウントにある残金に有効期限はあるの?

利用するギフト券売買サイトによっては、アカウントにある金額に有効期限を設定している場所もあります。有効期限が切れると、残高も没収されてしまうのですね。

ですがアマギフト(AmaGift)なら、チャージ残高に有効期限はありません。ただし、ギフト券を購入する予定がなければ、出金してしまうべきでしょう。アカウントに残金があってもギフト券の購入以外に使い道がありません。

アマギフトを退会したい

会員ページにログインして、メニューにある退会ページから退会できます。退会処理は、簡単に行なえます。

アマギフトでギフト券を換金したお金で別のギフト券を購入したい

アマギフト(AmaGift)にギフト券を出品して、売れたお金は購入には利用できません。もしアマギフトでギフト券を購入したいなら、いったん売却で得たお金を出金してから、再度チャージを行ってください。

どのギフト券売買サイトも不正利用を禁止するために、売却金での購入を禁止しています。以前、出品した不正ギフト券が売れたお金で別のギフト券を購入した悪い利用者がいたためです。

アマギフトが向いている人と他の換金手段との比較

大手のギフト券売買サイトの「アマテン」と「ベテルギフト」「ギフティッシュ」、国内最大のオークションサイト「ヤフオク」、優良なギフト券買取サイトをアマギフトと比較しました。

結論からいうと、状況によって変わってしまいます。それぞれのシチュエーションで最適な手段を紹介します。

安く安全にギフト券を購入するなら、価格が安く保証の充実している「ギフティッシュ」か「テルギフト」がおすすめ。

関連記事:「ギフティッシュ(Giftissue)は安い手数料で安全にギフト券の購入や売却できる売買サイトなのか徹底調査!

関連記事:「ベテルギフトはギフト券を安全に割引き購入できる売買サイトなのか検証!

ですが、amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードなら、アマギフトも安くておすすめです。

amazonギフト券かiTunesカード、Goolge Playギフトカードを換金するなら、即日・簡単・高額なギフト券買取サイトの「買取ボブ」か「ギフトグレース」がおすすめです。

関連記事:「ギフトグレースの評判と買取率を徹底検証!検討するなら知っておきたい魅力6選と重大なデメリット

上記3種類以外のギフト券を換金するなら、利用者が多いギフト券売買サイトの「ギフティッシュ」か「アマテン」が適しています。

ヤフオクを利用して、ギフト券の売買を行うメリットはありません。ヤフオクは、手数料が落札金額の約10%と非常に高額です。他の換金手段より換金額がかなり下がります。

関連記事:「iTunesカードの買取率が高い買取サイト3選と換金する3つの方法

関連記事:「Google Playギフトカードの買取率が高い買取サイトBEST3と換金する3つの方法を比較

アマギフトはギフト券の出品より購入に適した売買サイトです

アマギフト(AmaGift)は、対応するギフト券の種類の少なさと大口出品者が多いことから、新規の出品だと苦戦する可能性があります。

ですがAmazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードは、出品数が豊富で割引率も高いです。大口のしっかりとした出品者数が多く、安全に購入できます。

他の売買サイトの出品数が少ないときでも、アマギフトだけ大量に出品されていることがよくあります。アマギフトは、ギフト券を安く買いたいという方に非常に向いています。

大量にギフト券を購入するならデポジットがおすすめ

いつでも高い割引率でギフト券が購入できますが、毎月大量のギフト券を安く買いたければ「早割り90%購入」という制度の利用を検討するのもありです。1ヶ月あたり100万円以上のデポジット(入金)という条件はありますが、出品されているギフト券の価格よりさらに割引で購入できます。

一般的な利用者だと、かなり厳しい適用条件です。ですが、仕入れなどでAmazonを利用する方などにはおすすめの方法です。毎月の規定の数量が決まっており、利用は申し込み順になっています。

「アマギフト(AmaGift)の評判と安全性を徹底検証!ちゃんとギフト券を売買できるの?」まとめ

アマギフトは、Amazonギフト券やGoogle Playギフトカード、iTunes カードの割引購入に適したギフト券売買サイトです。

出品数が豊富で様々な額面のギフト券を割引で購入できます。他のギフト券売買サイトと違い、ギフト券の出品が途切れることもありません。ギフト券が欲しいときに出品状況を確認すれば、気に入る価格のギフト券が見つけられるはずです。

売却に関しては、同じ系列のギフト券買取サイト「買取ボブ」がおすすめです。買取ボブでも、Amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードの換金ができます。ギフト券売買サイトと違い、簡単な申し込みだけで即日中に現金化できます。手数料が無料で買取率も高いので、非常に高い換金額になります。

Amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードの割引購入ならアマギフト、高額買取なら買取ボブと使い分けで検討すると、無駄がありませんしお得です。

>>買取ボブの公式サイトを確認する

>>アマギフトの公式サイトを確認する